業績一覧 (publications)

筑波大学生命環境系 奈佐原顕郎 (Kenlo Nishida Nasahara, Univ Tsukuba)

注: 私のacademic nameの変遷 (change of my acanemic names):

1997年頃まで: 西田顕郎 / Kenro Nishida (upto 1997)
2007年12月まで: 西田顕郎 / Kenlo Nishida (upto Dec 2017)
現在: 奈佐原顕郎 / Kenlo Nishida Nasahara (now)

IPCC, CBDなど

原著論文 (original articles)

  1. Nishida, K. and Narita, H.(1996): Three-dimensional observations of ice crystal characteristics in polar ice sheets, Journal of Geophysical Research, 101(D16), pp. 311-317. →和文概要
  2. 西田顕郎・小橋澄治・水山高久 (1996): 土砂災害用データベースを活用した, 兵庫県南部地震による山腹崩壊分布の解析. 砂防学会誌, 49(1), pp. 19-24. [PDF]
  3. 西田顕郎・小橋澄治・水山高久 (1997): 数値地形モデルに基づく地震時山腹崩壊斜面の地形解析. 砂防学会誌49(6), pp. 9-16. →和文概要
  4. 西田顕郎・水山高久(1998): 火砕流堆積物の冷却と土石流発生. 砂防学会誌, 51(3), pp. 11-18
  5. 松田咲子・西田顕郎・大手信人・小杉緑子・谷誠・青木正敏・永吉信二郎・サマキー=ブーニャワット・戸田求(2000): 熱帯モンスーン地域における広域潜熱フラックス推定に向けたNDVI-輝度温度関係の特性解析, 水文・水資源学会誌, 13(1), pp. 44-56.
  6. 樋口篤志・西田顕郎・飯田真一・新村典子・近藤昭彦 (2000): PGLIERC (Preliminary GLobal Imager experiment at Environmental Research Center);その概要について. 日本水文科学会誌, 30, 81-91.
  7. 西田顕郎・小杉緑子・大手信人(2000): 樹木単葉の分光反射特性と光合成速度および水分欠乏との関係, 日本リモートセンシング学会誌, 20(3), 6-16.[PDF]
  8. Toda, M., K. Nishida, N. Ohte, M. Tani and K. Musiake, 2002: Observations of energy fluxes and evapotranspiration over terrestrial complex land covers in the tropical Monsoon environment, Journal of Meteorological Society of Japan, 80(3), 465-484. [PDF]
  9. Nemani, R. R., White, M. A., Nishida, K., Reddy, S. (2002): Recent trends in hydrologic balance have enhanced the terrestrial carbon sink in the United States. Geophysical Research Letters, 29(10), 2002GL014867.[PDF]
  10. Nishida, K., Nemani, R. R., Running, S. W., Glassy, J. M. (2003): An operational remote sensing algorithm of land surface evaporation. Journal of Geophysical Research, 108(D9), 4270, doi:10.1029/2002JD002062.[PDF]
  11. Nishida, K., Nemani, R. R., Running, S. W., Glassy, J. M. (2003): Development of an evapotranspiration index from Aqua/MODIS for monitoring surface moisture status. IEEE Transactions of Geoscience and Remote Sensing, 41(2), 493-501. [PDF]
  12. Terunuma, T., Nishida, K., Amada, T., Mizuyama, T., Sato, I., Urai, M. (2005): Detection of traces of pyroclastic flows and lahars with satellite synthetic aperture radars. International Journal of Remote Sensing, 26(9), pp. 1927-1942, DOI: 10.1080/01431160512331326576. [PDF]
  13. 西田顕郎・松田咲子・鼎信次郎(2005): インドシナ半島における地表面状態の経年変動・季節変動と, 降雨・エルニーニョ・DME.日本リモートセンシング学会誌, 25(5), 473-481. [PDF]
  14. 石原光則・松永恒雄・土田聡・西田顕郎・小熊宏之・田村正行(2006): MODIS波長特性を考慮したPhotochemical Reflectance Indexの代替指標に関する研究--地上観測分光反射率データを用いた検証--.日本リモートセンシング学会誌, 26(2), 125-137. [PDF]
  15. 中西理絵・小杉緑子・大久保晋治郎・西田顕郎・小熊宏之・高梨聡・谷誠(2006): 温帯ヒノキ林における分光反射指標PRI(photochemical reflectance index)の季節変動. 水文・水資源学会誌, 19(6), 475-482. [PDF]
  16. 岩男弘毅・西田顕郎・山形与志樹(2006): 緯度経度整数地点の土地被覆情報を用いた土地被覆図の検証手法. 写真測量とリモートセンシング, 45(4), 35-46. [PDF]
  17. 三上寛了・西田顕郎・村岡裕由(2006): 魚眼デジタルカメラ画像による, 林冠の開空域の自動識別と葉面席指数の推定. 写真測量とリモートセンシング, 45(5), 13-22. [PDF]
  18. Iwao, K., K. Nishida, T. Kinoshita, and Y. Yamagata (2006), Validating land cover maps with Degree Confluence Project information, Geophys. Res. Lett., 33, L23404, doi:10.1029/2006GL027768. →和文概要
  19. Nakaji, T., Ide, R., Takagi, K., Kosugi, Y., Ohkubo, S., Nishida, K., Saigusa, N., and Oguma, H. (2008) Utility of spectral vegetation indices for estimation of light conversion efficiency in coniferous forests in Japan. Agricultural and Forest Meteorology, 148, pp. 776-787, doi:10.1016/j.agrformet.2007.11.006. [つくばリポジトリ]
  20. 小柳智和・本岡毅・西田顕郎・眞板秀二(2008): SPOT-VegetationとTerra-MODISによる東アジアの植生変動推定. 日本リモートセンシング学会誌, 28(1), 36-43. [PDF]
  21. 牧雅康・後藤誠二朗・石原光則・西田顕郎・児島利治・秋山侃 (2008): 衛星データと数値標高モデル(DEM)を用いた潜在的ササ分布図の作成. 日本リモートセンシング学会誌, 28(1), 28-35. [PDF]
  22. 永井信・奈佐原(西田)顕郎・石原光則・村岡裕由 (2008): 衛星観測で得られた植生指数に対する生理生態学的な考察. システム農学 (J. JASS), 24(3), pp. 183-190.
  23. Nasahara, K. N., H. Muraoka, S. Nagai, H. Mikami (2008): Vertical integration of leaf area index in a Japanese deciduous broad-leaved forest. Agricultural and Forest Meteorology, 148/6-7, pp. 1136-1146, doi:10.1016/j.agrformet.2008.02.011. [つくばリポジトリ]
  24. Motohka, T., K. N. Nasahara, A. Miyata, M. Mano, and S. Tsuchida (2009): Evaluation of optical satellite remote sensing for rice paddy phenology in monsoon Asia using continuous in-situ dataset. International Journal of Remote Sensing, 30(17), 4343 - 4357, DOI: 10.1080/01431160802549369. [abstract]
  25. Mabuchi, K., K. Takahashi, K. N. Nasahara (2009): Numerical Investigation of Climate Factors Impact on Carbon Cycle in the East Asian Terrestrial Ecosystem. Journal of Mereorological Society of Japan, 87(2), 219-244DOI:10.2151/jmsj.87.219. [PDF]
  26. Nasahara, K. N. (2009): Simple algorithm for estimation of photosynthetically active radiation (PAR) using satellite data. SOLA (Science Online Letters on the Atmosphere), Vol. 5, 037-040, doi:10.2151/sola.2009-010 [PDF]
  27. Muraoka, H., N. Saigusa, K. N. Nasahara, H. Noda, J. Yoshino, T. M. Saitoh, S. Nagai, S. Murayama and H. Koizumi (2010): Effects of seasonal and interannual variations in leaf photosynthesis and canopy leaf area index on gross primary production of a cool-temperate deciduous broadleaf forest in Takayama, Japan. Journal of Plant Research, 123(4), 563-76. doi:10.1007/s10265-009-0270-4
  28. Nagai S., Nasahara K.N., Muraoka H., Akiyama T.and Tsuchida S. (2010): Field experiments to test the use of the normalized difference vegetation index for phenology detection. Agricultural and Forest Meteorology 150: 152-160.
  29. Nagai S., Saigusa N., Muraoka H. and Nasahara K.N. (2010): What makes the satellite-based EVI-GPP relationship unclear in a deciduous broad-leaved forest? Ecological Research 25: 359-365.
  30. Motohka, T., Nasahara, K., Oguma, H., and Tsuchida, S. (2010): Utility of Green-Red Vegetation Index for remote sensing of vegetation phenology. Remote Sensing, 2(10), 2369-2387. [PDF]
  31. 瑞慶村知佳・本岡毅・奈佐原顕郎 (2011): 人工衛星を用いた水田地帯における耕作放棄地の判別. 日本リモートセンシング学会誌, 31(1), 55-62.
  32. Kume, A., Nasahara, K. N., Nagai, S., and Muraoka, H. (2011): The ratio of transmitted near-infrared radiation to photosynthetically active radiation (PAR) increases in proportion to the adsorbed PAR in the canopy. Journal of Plant Research, 124(1):99-106, DOI 10.1007/s10265-010-0346-1.
  33. Iwao, K., Nasahara, K.N., Kinoshita, T., Yamagata, Y., Patton, D., Tsuchida, S. (2011) Creation of new global land cover map with map integration. Journal of Geographic Information System, 3(2), 160-165, doi:10.4236/jgis.2011.32013. [PDF]
  34. Nagai, S., Maeda, T., Gamo, M., Muraoka, H., Suzuki, R., Nasahara, K.N. (2011) Using digital camera images to detect canopy condition of deciduous broad-leaved trees. Plant Ecology & Diversity, 4(1), 79-89, DOI: 10.1080/17550874.2011.579188. (First published on: 07 April 2011)
  35. Mizunuma, T., Koyanagi, T., Nasahara, K.N., Mencuccini, M., Wigate, L., Grace, J. (2011) The comparison of several colour indices for the photographic recording of canopy phenology of Fagus crenata in eastern Japan. Plant Ecology & Diversity, 4(1), 67-77, DOI: 10.1080/17550874.2011.563759. (First published on: 07 April 2011)
  36. Sasai, T., N. Saigusa, K.N. Nasahara, A. Ito, H. Hashimoto, R.R. Nemani, R. Hirata, K. Ichii, K. Takagi, T.M. Saitoh, T. Ohta, K. Murakami, Y. Yamagichi, T. Oikawa (2011), Satellite-driven estimation of terrestrial carbon flux over Far East Asia with 1-km grid resolution, Remote Sensing of Environment, accepted. doi:10.1016/j.rse.2011.03.007
  37. Motohka, T., K.N. Nasahara, K. Murakami, S. Nagai (2011) Evaluation of sub-pixel cloud noises on MODIS daily spectral indices based on in situ measurements. Remote Sensing, 2011, 3(8), 1644-1662; doi:10.3390/rs3081644. [PDF]
  38. Nagai S., Saitoh T.M., Suzuki R., Nasahara K.N., Lee W.-K., Son T., and Muraoka H., 2011, The necessity and availability of noise-free daily satellite-observed NDVI during rapid phenological changes in terrestrial ecosystems in East Asia. Forest Science and Technology, 7(4), 174-183.
  39. Choi J, Kang S, Choi G, Nasahara KN, Motohka T, Lim J-H (2011) Monitoring canopy phenology in a deciduous broadleaf forest using the Phenological Eyes Network (PEN). J. Ecol. Field Biol. 34(2):149-156
  40. Nagai, S., Saitoh, T. M., Kobayashi, H., Ishihara, M., Suzuki, R., Motohka, T., Nasahara, K. N., and Muraoka, H., 2012, In situ examination of the relationship between various vegetation indices and canopy phenology in an evergreen coniferous forest, Japan. International Journal of Remote Sensing, 33(19), 6202-6214.
  41. Saitoh, T.M., Nagai, S., Noda, H.M., Muraoka, H., and Nasahara, K.N. 2012 Examination of the extinction coefficient in the Beer-Lambert law for an accurate estimation of the forest canopy leaf area index. Forest Science and Technology, 8(2), 95-104
  42. Saitoh, T.M., Nagai, S., Saigusa, N., Kobayashi, H., Suzuki, R., Nasahara, K.N., Muraoka, H., 2012, Assessing the use of camera-based indices for characterizing canopy phenology in relation to gross primary production in a deciduous broad-leaved and an evergreen coniferous forest in Japan. Ecological Informatics, 11, 45-54. doi:10.1016/j.ecoinf.2012.05.001.
  43. Thanyapraneedkul, J., Muramatsu, K., Daigo, M., Furumi, S., Soyama, N., Nasahara, K.N., Muraoka, H., Noda, H.N., Nagai, S., Maeda, T., Mano, M., Mizoguchi, Y. (2012) A vegetation index to estimate terrestrial gross primary production capacity for the GCOM-C/SGLI satellite sensor. Remote Sensing, 4, 3689-3720; doi:10.3390/rs4123689.
  44. Sasai, T., Nakai, S., Setoyama, Y., Ono, K, Kato, S., Mano, M., 2, Murakami, K., Miyata, A., Saigusa, N., Nemani, R.R., Nasahara, K.N. (2012) Analysis of the spatial variation in the net ecosystem production of rice paddy fields using the diagnostic biosphere model, BEAMS. Ecological Modelling, 247, 175-189, doi:10.1016/j.ecolmodel.2012.08.016.
  45. Muraoka, H., Noda, H.M., Nagai, S., Motohka, T., Saitoh, T.M., Nasahara, K.N., Saigusa, N. (2013) Spectral vegetation indices as the indicator of canopy photosynthetic productivity in a deciduous broadleaf forest. Journal of Plant Ecology, doi: 10.1093/jpe/rts037.
  46. Potithep, S., Nagai, S., Nasahara, K.N., Muraoka, H. Suzuki, R. (2013) Two separate periods of the LAI-VIs relationships using in situ measurements in a deciduous broadleaf forest. Agricultural and Forest Meteorology, 169, 148-155.
  47. Noda, H.M., Motohka, T., Murakami, K., Muraoka, H., and Nasahara, K.N. (2013) Accurate measurement of optical properties of narrow leaves and conifer needles with a typical integrating sphere and spectroradiometer. Plant, Cell and Environment, DOI: 10.1111/pce.12100.
  48. Hadano, M., Nasahara, K.N., Motohka, T., Noda, H., Murakami, K., Hosaka, M. (2013) High-resolution prediction of leaf onset date in Japan in the 21st century under the IPCC A1B scenario. Ecology and Evolution. doi:10.1002/ece3.575 [PDF]
  49. Nagai, S., Saitoh, T.M., Noh, N-J., Yoon, T-K., Kobayashi, H., Suzuki, R., Nasahara, K.N., Son, Y-H., Muraoka, H. (2013) Utility of information in photographs taken upwards from the floor of closed-canopy deciduous broadleaved and closed-canopy evergreen coniferous forests for continuous observation of canopy phenology. Ecological Informatics, 18, 10-19.
  50. Nagai S., Saitoh T.M., Kurumado K., Tamagawa I., Kobayashi H., Inoue T., Suzuki R., Gamo M., Muraoka H., Nasahara K.N. (2013) Detection of bio-meteorological year-to-year variation by using digital canopy surface images of a deciduous broad-leaved forest. SOLA, Vol. 9, 106-110, doi:10.2151/sola.2013-024. [PDF]
  51. 高橋陪夫・奈佐原顕郎・田殿武雄(2013) (短報) 日本におけるJAXA高解像度土地利用土地被覆図. 地図, 51(2), pp. 44-49
  52. Noda HM, Motohka T, Murakami K, Muraoka H, Nasahara KN (2013) Reflectance and transmittance spectra of leaves and shoots of 22 vascular plant species and reflectance spectra of trunks and branches of 12 tree species in Japan. Ecological Research, DOI:10.1007/s11284-013-1096-z.
  53. 石原光則・井上吉雄・小野圭介・秋津朋子・奈佐原顕郎 (2014) 異種光学衛星センサによる水田観測データの一貫性に関する比較分析. 日本リモートセンシング学会誌, 34(1), 22-32.
  54. Nagai S, Inoue T, Ohtsuka T, Kobayashi H, Kurumado K, Muraoka H, Nasahara KN (2014) Relationship between spatio-temporal characteristics of leaf-fall phenology and seasonal variations in near surface- and satellite-observed vegetation indices in a cool-temperate deciduous broad-leaved forest in Japan. International Journal of Remote Sensing, 35(10), 3520-3536, http://dx.doi.org/10.1080/01431161.2014.907937.
  55. Tomoharu Inoue, Shin Nagai, Taku M. Saitoh, Hiroyuki Muraoka, Kenlo N. Nasahara, Hiroshi Koizumi (2014) Detection of the different characteristics of year-to-year variation in foliage phenology among deciduous broad-leaved tree species by using daily continuous canopy surface images. Ecological Informatics 22, 58-68.
  56. Mizuochi H, Hiyama T, Ohta T, Nasahara KN (2014) Evaluation of the surface water distribution in north-central Namibia based on MODIS and AMSR series. Remote Sensing, 6, 7660-7682; doi:10.3390/rs6087660 [PDF]
  57. Nagai S, Saitoh TM, Nasahara KN, Suzuki R (2014) Spatio-temporal distribution of the timing of start and end of growing season along vertical and horizontal gradients in Japan. International Journal of Biometeorology, DOI 10.1007/s00484-014-0822-8. [Link]
  58. Yang W, Kobayashi H, Suzuki R, Nasahara KN (2014) A simple method for retrieving understory NDVI in sparse boreal forests by MODIS BRDF data. Remote Sensing, 6(12), 11936-11955; doi:10.3390/rs61211936 [PDF]
  59. Nagai S, Yoshitake S, Inoue T, Suzuki R, Muraoka H, Nasahara KN, Saitoh TM (2014) Year-to-year blooming phenology observation by using time-lapse digital camera images. Journal of Agricultural Meteorology, 70(3), 163-170. [PDF]
  60. Nasahara KN, Nagai S (2015) Development of an in-situ observation network for terrestrial ecological remote sensing --- the Phenological Eyes Network (PEN). Ecological Research, DOI 10.1007/s11284-014-1239-x [PDF]
  61. Nagai S, Inoue T, Ohtsuka T, Yoshitake S, Nasahara KN, Saitoh TM. (2015) Uncertainties involved in leaf fall phenology detected by digital camera. Ecological Informatics 30, 124-132.
  62. Akitsu T, Kume A, Hirose Y, Ijima O, Nasahara KN (2015) On the stability of radiometric ratios of photosynthetically active radiation to global solar radiation in Tsukuba, Japan. Agricultural and Forest Meteorology, 209-210, 59-68, doi:10.1016/j.agrformet.2015.04.026
  63. Noda HM, Muraoka H, Nasahara KN, Saigusa N, Murayama S, Koizumi H (2015?) Phenology of leaf morphological, photosynthetic, and nitrogen use characteristics of canopy trees in a cool-temperate deciduous broadleaf forest at Takayama, central Japan. Ecological Research, 30, 247-266, DOI 10.1007/s11284-014-1222-6
  64. Kume A, Akitsu T, Nasahara KN (2016) Leaf color is fine-tuned on the solar spectra to avoid strand direct solar radiation. Journal of Plant Research, 129(4), 615-624, DOI 10.1007/s10265-016-0809-0
  65. Shin Nagai, Kenlo Nishida Nasahara, Tomoharu Inoue, Taku M. Saitoh, Rikie Suzuki (2016) Review: advances in in situ and satellite phenological observations in Japan. Int J Biometeorol 60:615-627, DOI 10.1007/s00484-015-1053-3
  66. 水落裕樹, 檜山哲哉, 金森大成, 太田岳史, 藤岡悠一郎, 飯嶋盛雄, 奈佐原顕郎 (2016) 長期衛星観測データとUAV地形測量を組み合わせた半乾燥地の季節湿地における貯水量モニタリング. 日本リモートセンシング学会誌 (Journal of The Remote Sensing Society of Japan). 36 (2), pp. 81-92. 2016.
  67. Nagai S, Nasahara KN, Yoshitake S, Saitoh TM (2017) Seasonality of leaf litter and leaf area index data of various tree species in a cool-temperate deciduous broad-leaved forest. Ecological Research, 32:297-297, DOI 10.1007/s11284-017-1452-5
  68. Nagai S, Nasahara K (2017) Seasonal leaf phenology data for 12 tree species in a cool-temperate deciduous broadleaved forest in Japan from 2005-2014. Ecological Research, DOI:10.1007/s11284-017-1439-2.
  69. Akitsu T., Kume A., Hirose Y., Ijima O., Nasahara K. N. (2017) Quantum sensors for accurate and stable long-term photosynthetically active radiation observations. Agricultural and Forest Meteorology. DOI:10.1016/j.agrformet.2017.01.011
  70. Wei Yanga, Hideki Kobayashi, Xuehong Chen, Kenlo Nishida Nasahara, Rikie Suzuki, Akihiko Kondoh (2017) Modeling three-dimensional forest structures to drive canopy radiative transfer simulations of bidirectional reflectance factor. International Journal of Digital Earth, DOI: 10.1080/17538947.2017.1353146
  71. Mizuochi H, Hiyama T, Ohta T, Fujioka Y, Kambatuku J R, Iijima M, Nasahara K N (2017) Development and evaluation of a lookup-table-based approach to data fusion for seasonal wetlands monitoring: An integrated use of AMSR series, MODIS, and Landsat. Remote Sensing of Environment, 199, 370-388. http://dx.doi.org/10.1016/j.rse.2017.07.026

    査読つきの, 報文・研究ノート・総説・プロシーディング (short report, proceedings, etc. ... peer-reviewed)

  72. Nishida, K., Satow, K. Aniya, M., Casassa, G. and Kadota, T.(1995): Thickness change and flow of Tyndall Glacier, Patagonia. Bulletin of Glacier Research, 13, pp. 29-34. →和文概要
  73. Naruse, R., Skvarca, P., Satow, K., Takeuchi, Y. and Nishida, K.(1995): Thickness change and short-term flow variation of Moreno Glacier, Patagonia. Bulletin of Glacier Research, 13, pp. 21-28.
  74. Takeuchi, Y., Satow, K. Naruse, R., Ibarzabal, T., Nishida, K. and Matsuoka, K.(1995): Meteorological features at Moreno and Tyndall glaciers, Patagonia, in the summer 1993/94. Bulletin of Glacier Research, 13, pp. 35-44.
  75. Matsuoka, K., Nishida, K. and Takeuchi, Y.(1995): Sinking of stones on glacier surface during the melting season. Bulletin of Glacier Research, 13, pp. 63-68.
  76. 水山高久・西田顕郎 (1995): 兵庫県南部地震による山腹崩壊(続報),  砂防学会誌48(1), pp. 38-40.
  77. Nishida, K., Kobashi, S. and Mizuyama, T.(1995): The distribution of mountainous landslides caused by the 1995 Hyogoken Nanbu Earthquake. Proceedings of the International Sabo Symposium, Tokyo, pp. 529-536.
  78. 西田顕郎・小橋澄治・水山高久 (1996): 雲仙普賢岳の土砂流出域における堆積物の浸透能の変化,  砂防学会誌49(1), pp. 49-53.
  79. Mizuyama, T. and K. Nishida (1997): Slope failures induced by 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake. Proc. 4th Japan-Chinese (Taipei) Joins Seminar on Natural Hazard Mitigation, Nov. 25-28, Kyoto.
  80. 西田顕郎・小橋澄治・水山高久 (1998): 雲仙普賢岳における火砕流堆積とガリー侵食の相互作用による地形変化. 地形19(1), pp. 203-222.
  81. Nishida, K. and T. Mizuyama: Hydrological Processes and Topographic Change on the Slope of Unzen Volcano. HEADWATERS: Water Resources and Soil Conservations - Proc. of Headwater'98, Apr. 1998, pp. 245-255.
  82. 西田顕郎・小橋澄治・水山高久 (1998): 雲仙普賢岳火砕流堆積斜面における植生回復による表面流・土砂流出の変化. 日本緑化工学会誌, 23(4), pp. 249-255 [abstract]
  83. 西田顕郎・水山高久(1998): 雲仙普賢岳火砕流堆積物の表面構造. 砂防学会誌, 51(3), pp. 44-46
  84. 西田顕郎・樋口篤志・近藤昭彦・松田咲子(2000): 分光植生指標と表面温度に基づく地表面過程のリモートセンシング手法の検討.水文・水資源学会誌, 13(4), 304-312.(文献リストに脱落あり) →和文概要
  85. Nishida, K., Higuchi, A., Iida, S., Niimura, N., and Kondoh, A. (2001): PGLIERC: a test of remote sensing of hydrology in a grassland. "Remote Sensing and Hydrology 2000," IAHS Publication, 267, 223-224. [abstract]
  86. Hachikubo, A., H. Arakawa, K. Nishida, T. Fukuzawa and E. Akitaya (2000): Section planes of snow specimens visualized with sudan black B. Polar Meteorology and Glaciology, 14, 103-109.
  87. 西田顕郎・樋口篤志・新村典子(2001): リモートセンシング実験でみられた, 水理実験センター圃場の草地植生の季節変化.筑波大学陸域環境研究センター報告, 第1号, 1-10. [PDF]
  88. 村上和隆, 奈佐原顕郎, 秋津朋子, 本岡毅, 永井 信 (2011): 衛星センサの分光仕様が草原の植生指数観測に与える影響, 筑波大学陸域環境研究センター報告, 12, 13-19. [PDF]
  89. 秋津朋子, 奈佐原顕郎, 野田響, 本岡毅, 村上和隆, 土田聡, 永井信 (2011): 草原の季節変動と年々変動に関するデジタルカメラを用いた長期連続自動観測, 筑波大学陸域環境研究センター報告, 12, 5-12. [PDF]
  90. Soyama N, Sasai T, Muramatsu K, Daigo M, Ochiai F, Nasahara K (2016) Production method of reference data focusing on quality assessment for global land cover map validation using the Degree Confluence Project information. Trans. Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology. Japan, Vol. 14, No. ists30, pp. Pn_1-Pn_6, 2016
  91. 前島遥・奈佐原顕郎 (2017) 画角の異なる再撮影を補助する携帯端末用アプリケーションの開発. 日本写真測量学会誌, 56(2), 44-48.

著書 (books)

査読なしの, プロシーディング・紀要・報告: (reports, proceedings ... not peer-reviewed)

科研・各種プロジェクトなどの報告書 (project reports)

プロジェクト (projects)


学会活動 (societies)

学会発表: (oral/poster presentations)

  1. 西田顕郎: 雪氷の 3次元構造.日本雪氷学会研究発表会, 1993年10月, 十日町.(ポスター)
  2. Nishida, K., S. Kobashi and T. Mizuyama: The distribution of mountainous landslides caused by the 1995 Hyogoken Nanbu Earthquake. International Sabo Symposium, August 1995, Tokyo.(口頭)
  3. 西田顕郎・小橋澄治・水山高久・小杉賢一朗: 雲仙普賢岳における地形変化と堆積物の浸透特性.第107回日本林学会大会, 1996年4月, 筑波.(ポスター)
  4. 西田顕郎・落合博貴・小橋澄治・水山高久: 地震による山腹崩壊と地形効果.平成8年度砂防学会研究発表会, 1996年5月, 宇都宮.(ポスター)
  5. 西田顕郎: 南極氷床の氷結晶粒の立体構造と「重複効果」.第 38回形の科学シンポジウム, 1997年2月, 徳島.(口頭)
  6. 西田顕郎・小橋澄治・水山高久: 空中写真にもとづく雲仙普賢岳の地形変化の解析.第108回日本林学会, 1997年4月, 福岡.(ポスター)
  7. 吉川 賢・王 林和・温 国勝・山中典和・西田顕郎:毛烏素沙地の臭柏群生地の動態.日本林学会第108回大会(福岡市, 1997.4)
  8. 西田顕郎・小橋澄治・水山高久: 火砕流堆積地の地形変化.平成 9年度砂防学会研究発表会, 1997年5月, 神戸.(ポスター)
  9. 西田顕郎・大手信人・小杉賢一朗: 砂丘と湿性草地の境界付近での微気象観測.第28回日本緑化工学会研究発表会, 1997年6月, 大阪.(ポスター)
  10. 西田顕郎・大手信人・小杉賢一朗: 毛烏素砂地における , 砂丘と湿性草地の境界付近での微気象観測.第109回日本林学会, 1998年4月, 宇都宮.(ポスター)
  11. Nishida, K. and T. Mizuyama: Hydrological Processes and Topographic Change on the Slope of Unzen Volcano. (Poster Presentation) HeadWater'98(The 4th International Conference on Headwater Control), April 1998, Merano, Italy.(ポスター)
  12. 西田顕郎・水山高久: 火砕流堆積物の高温による土石流抑制, 平成 10年度砂防学会研究発表会, 1998年5月, 札幌.(ポスター)
  13. 西田顕郎・山越隆雄・諏訪浩・水山高久: 雲仙普賢岳の緑化による侵食量変化.第29回日本緑化工学会研究発表会, 1998年6月, 米子.(口頭)
  14. 西田顕郎・大手信人・小杉緑子: 植生の分光反射特性と光合成速度 , 水文・水資源学会第11回研究発表会, 1998年8月, 東京.(ポスター)
  15. 西田顕郎・大手信人・小杉緑子: 植生の分光反射特性と光合成速度 , 日本リモートセンシング学会第25回(平成10年度秋季)学術講演会, 1998年11月, 京都(発表:小杉.ポスター).
  16. 西田顕郎・水山高久: 火砕流による侵食と流路変更.平成11年度砂防学会研究発表会, 1999年5月19日, 四日市.(口頭)
  17. 樋口篤志・西田顕郎・宮本みちる・飯田真一・近藤昭彦 (1999): 筑波大学・水理実験センター熱収支・水収支観測圃場におけるリモートセンシング・水文観測について - 次世代地球観測衛星ADEOS-II・GLI (Global Imager) を見据えて- . 水文・水資源学会1999年研究発表要旨集, 162-163. (名大).
  18. 西田顕郎・樋口篤志・飯田真一・新村典子・近藤昭彦(1999):PGLIERC:植生の地表面過程のリモートセンシングに関する実験.日本リモートセンシング学会秋季学術大会(東海大.熊本).1999/11/18-19・・・(ポスター)結局, 欠席。
  19. 八久保 晶弘・荒川 逸人・西田 顕郎・福沢 卓也・秋田谷 英次 : スダンブラックBを染料とした積雪の片薄片製作技術, 国立極地研極域気水圏シンポジウム, 東京, 1999年12月
  20. 照沼利浩・西田顕郎 : 合成開口レーダー(SAR)を用いた雲仙普賢岳の地形解析.日本地形学連合春季大会, 2000年3月, つくば.
  21. Nishida, K., Higuchi, A., Iida, S., Niimura, N., and Kondoh, A. (2000): PGLIERC: A test of remote-sensing of hydrology in a grassland., Remote Sensing and Hydrology 2000 Symposium, 2-7 April, Santa Fe, New Mexico. (abstract)
  22. 松田咲子・西田顕郎・大手信人・谷誠(2000):NOAA/AVHRRによるNDVIと輝度温度を用いた半乾燥地域における広域地表面の解析.水文・水資源学会2000年度研究発表会, 京都大農学部, 8月6〜8日(ポスター.発表は松田)
  23. 照沼利浩・西田顕郎 : 合成開口レーダー(SAR)を用いた雲仙普賢岳の地形解析 〜その2〜.日本地形学連合平成12年度秋期大会, 2000年9月13-14日, 東京(ポスター発表)
  24. 照沼利浩・西田顕郎 (2000):合成開口レーダー(SAR)を用いた雲仙普賢岳の地形解析.日本リモートセンシング学会第29回(平成12年度秋季)学術講演会, 奈良女子大学, 11月30日(口頭発表)
  25. Matsuda, S., S. Kanae and K. Nishida (2001): Vegetation Response to El Nino Event in Tropical Monsoon Zone. 2001 Workshop on GAME-T in Thailand, 5th - 7th March 2001, Phuket, Thailand.
  26. 照沼利浩・西田顕郎・天田高白・佐藤功・浦井稔(2001):合成開口レーダーを用いた火砕流・ラハールの流下範囲抽出法に関する研究.日本リモートセンシング学会第30回(平成13年度春季)学術講演会, 霞ヶ関ビル東海大学校友会館, 5月9日(ポスター発表)
  27. 照沼利浩・西田顕郎・天田高白・佐藤功・浦井稔(2001):合成開口レーダーを用いた火砕流・ラハールの流下範囲抽出法に関する研究.平成13年度砂防学会研究発表会, 山口市民会館, 5月17日(ポスター発表)
  28. Nishida, K., Terunuma, T., Amada, T., Sato, I., and Urai, M. (2001): Traces of Pyroclastic Flows and Lahars Detected with Satellite Synthetic Aperture Radars. American Geophysical Union Spring Meeting, Boston, May. [abstract] 28 to June 2. (ポスター発表)
  29. Nishida, K., Nemani, R. R., and Running, S. W. (2001): Estimation of Surface Evaporation Resistance from Satellite Data. American Geophysical Union Spring Meeting, Boston, May 28 to June 2. (ポスター発表)
  30. Nishida, K., Nemani, R. R., Running, S. W., Glassy, J. (2001): MODIS Evapotranspiration Project (MOD16). American Geophysical Union Fall Meeting, San Francisco, Dec. 10 to Dec. 15. (B42A-0119; ポスター発表)
  31. 秋山怜子・天田高白・宮本邦明・西田顕郎(2002): 屋久島における降雨特性.平成14年度砂防学会研究発表会, 2002年5月15日, 東京(ポスター発表)
  32. 西田顕郎(2002): 中分解能衛星を用いた広域陸域蒸発散分布の推定.日本写真測量学会平成14年度秋季学術講演会, 2002年11月14・15日, 大阪(口頭発表)
  33. 秋山怜子, 宮本邦明, 西田顕郎, 安仁屋政武(2003): 降雨特性を考慮した屋久島における崩壊発生条件に関する研究. 平成15年度砂防学会研究発表会, 5月14日, 山形県天童市市民文化会館.
  34. 西田顕郎・三枝信子・土田聡・樋口篤志 (2003):陸域植生フェノロジーの, リモートセンシング・フラックス観測・数値モデルによる検討.地球惑星科学関連学会 2003年合同大会, 5月29日, 千葉県幕張メッセ
  35. 三島和恵・西田顕郎・山本晋・三枝信子・奥田敏統・Md. Noor Nur Supardi・谷誠 (2003):東アジアのフラックスタワーにおけるBiome-BGCモデルの検証. 地球惑星科学関連学会 2003年合同大会, 5月29日,幕張メッセ
  36. 西田顕郎・土田聡・三枝信子・山本晋(2003):衛星観測と生態モデルによる落葉樹林の季節変化の推定, 日本写真測量学会平成15年度春季大会, 2003年6月12-13日, 東京 [要旨]
  37. Nishida, K. (2003): Evapotranspiration on terrestrial eastern Asia estimated by satellite remote sensing. International Union of Geodesy and Geophisics (IUGG2003), Sapporo, June 30-July 11 (July 4). (ポスター発表)
  38. Tsuchida, S., Nishida, K., Oguma, H., and Kawato, W. (2004): The detecting offset of greeness by water and chlorophyll indices for phenological eyes network (PEN). Hyper Spectrum Remote Sensing Workshop, Tokyo.
  39. 川戸渉・土田聡・西田顕郎 (2004): 短波長赤外反射を用いた草地植生のフェノロジー観測. 日本リモートセンシング学会 平成16年度春季学術講演会, 千葉, 5月20日. (口頭)
  40. 西田顕郎・川戸渉・土田聡・三枝信子・岩男弘毅・村岡裕由 (2004): 衛星観測による落葉樹林の季節変化の推定, 日本写真測量学会平成16年度春季大会, 2004年6月17日, 東京
  41. 岩男弘毅, Venkatesh Raghavan, 西田顕郎, 土田聡, 三枝信子, 近藤裕昭, 山本晋 (2004): Internet GIS for ASIA Flux Database, FOSS/GRASS Users Conference, Bangkok, 2004.9
  42. Nishida, K., Tsuchida, S., Oguma, H., and Kawato, W. (2004): Combination of ecophysiological remote sensing and an ecosystem - radiative transfer model and its validation with a ground observation system. The 6th International Symposium on Plant Response to Air Pollution and Global Changes (APGC), Oct. 19-22, Tsukuba.
  43. 武田洋紀・西田顕郎 (2004): 地上観測による分光データと炭素収支モデルを用いた純一次生産量推定. 日本リモートセンシング学会 平成16年度秋季学術講演会, 日立, 12月1日. (口頭)
  44. 川戸渉・土田聡・西田顕郎 (2004): 短波長赤外反射を用いた植物群落の水分状態の推定. 日本リモートセンシング学会 平成16年度秋季学術講演会, 日立, 12月2日. (ポスター)
  45. 三島和恵・西田顕郎 (2004): 大規模森林火災域の抽出と発生の危険度予測. 日本リモートセンシング学会 平成16年度秋季学術講演会, 日立, 12月2日. (ポスター)
  46. 土田聡・小熊宏之・西田顕郎・川戸渉・石原光明・松永恒雄(2004): MODIS海洋域バンドを利用したキサントフィルサイクルの指標化. 日本リモートセンシング学会 平成16年度秋季学術講演会, 日立, 12月1日. (ポスター)
  47. 土田聡・西田顕郎・岩男弘毅・川戸渉・小熊宏之・岩崎晃(2004): リモートセンシングデータ地上検証研究のためのPhenological Eyes Network (PEN). 日本リモートセンシング学会 平成16年度秋季学術講演会, 日立, 12月2日. (ポスター)
  48. 石原光則・松永恒雄・土田 聡・西田顕郎・田村正行(2004): 地上観測データを用いたMODIS陸域及び海域バンドによるPRIの妥当性の検討, 日本リモートセンシング学会第37回学術講演会, 日立, 12月1日.
  49. Nishida, K., Nakaji, T., Oguma, H., and Fujinuma, Y. (2004): Seasonal Changes in Remote Vegetation Indices and Net Photosynthesis of Japanese Larch Needles. AGU Fall Meeting, San Francisco. [abstract]
  50. 西田顕郎(2005): 森林の衛星観測の地上検証--岐阜県高山サイトでの実例--. 第52回 日本生態学会 大阪大会, 自由集会 MAFES「衛星生態学の目指すもの」, 2005年3月27日 大阪国際会議場(招待講演).
  51. 西田顕郎(2005): 衛星リモートセンシングによる陸域生態情報の定期的な観測における問題. 日本気象学会2005年度春季大会 「複雑多様な陸面諸過程の全体像の把握はどこまで可能か? その方策を模索する」セッション. (招待講演)
  52. 西田顕郎・岩男弘毅・土田聡 (2005): 可視近赤外センサーにおける雲被覆の影響. 日本写真測量学会平成17年度年次学術講演会, 2005年6月23日, 東京.
  53. 西田顕郎・土田聡・三枝信子・村岡裕由 (2005): 地上と衛星観測による落葉樹林の季節変化. 日本写真測量学会平成17年度年次学術講演会, 2005年6月23日, 東京.
  54. 高在均・西田顕郎・浦井稔 (2005): 衛星リモートセンシングを用いた三宅島のSO2放出量観測. 日本写真測量学会平成17年度年次学術講演会, 2005年6月23日, 東京.
  55. 土田聡・川戸渉・西田顕郎・下田星児 (2005): クロロフィル指標と水指標による秋期の草地フェノロジーの抽出. 日本写真測量学会平成17年度年次学術講演会, 2005年6月23日, 東京.
  56. 土田聡・岩男弘毅・西田顕郎・小熊宏之・岩崎晃・川戸渉 (2005): Phenological Eye Networkにおける地上観測機器およびその観測手法開発. 日本写真測量学会平成17年度年次学術講演会, 2005年6月23日, 東京.
  57. 岩男弘毅・三枝信子・土田聡・西田顕郎・山下恵・吉村充則 (2005): 自動撮像型魚眼デジタルカメラを用いた日射および光合成有効放射量の推定. 日本写真測量学会平成17年度年次学術講演会, 2005年6月23日, 東京.
  58. 川戸渉・土田聡・西田顕郎 (2005): 実測とモデルの分光反射率による枯れ葉中の水分量変化の検出. 日本リモートセンシング学会 平成17年度秋季学術講演会, 徳島, 11月25日.
  59. 西田顕郎(2006): リモートセンシングによる広域観測.第53回 日本生態学会 新潟大会, 公募シンポジウム(及川武久先生主宰)JX10 陸域生態系の炭素循環と温暖化, 新潟・朱鷺メッセ, 3月28日. (招待講演)
  60. 岩男弘毅・西田顕郎・山形与志樹 (2006): Degree Confluence Points情報を用いた土地被覆図精度検証手法の開発. 日本リモートセンシング学会第40回(平成18年度春季)学術講演会, 2006/05/19, 千葉大学けやき会館.
  61. 岩男弘毅・西田顕郎・土田聡・川戸渉・小熊宏之・岩崎晃 (2006): 衛星による地球環境観測のための地上検証ネットワーク(PEN) を用いた観測結果. 日本リモートセンシング学会第40回(平成18年度春季)学術講演会, 2006/05/19, 千葉大学けやき会館.
  62. 西田顕郎・今泉文寿・眞板秀二・宮本邦明 (2006): 山地における凍結融解による土砂生産量の推定. 平成18年度砂防学会研究発表会, 2006/05/25, 和歌山県民文化会館. (ポスター)
  63. 松野潤・西田顕郎・宮本邦明・澤田豊明 (2006): 水文長期観測資料のデータベース化. 平成18年度砂防学会研究発表会, 2006/05/25, 和歌山県民文化会館. (ポスター)
  64. 岩男弘毅・木下嗣基・山形与志樹・西田顕郎(2006): DegreeConfluence Projectを用いたユーラシア地域の土地被覆図精度検証. 日本写真測量学会平成18年度年次学術講演会, 2006年7月6日, 横浜.
  65. 西田顕郎・村岡裕由 (2006): 森林の葉面積指数(LAI)の時系列観測と, それによる衛星推定LAIの検証. 日本写真測量学会平成18年度年次学術講演会, 2006年7月7日, 横浜.
  66. 西田顕郎・村岡裕由 (2006): 多層モデル逆解析によって, 衛星の分光情報から森林樹冠の光合成と呼吸を推定する. 日本写真測量学会平成18年度年次学術講演会, 2006年7月7日, 横浜.
  67. 西田顕郎 (2006): Terra/MODISとAqua/MODISによる, 光合成有効放射量の日積算値の高分解能簡易推定. 日本写真測量学会平成18年度年次学術講演会, 2006年7月7日, 横浜.
  68. 本岡毅・西田顕郎・宮田明・間野正美 (2006): 水田の分光反射特性の季節変化とクロップカレンダーの関係. 日本写真測量学会平成18年度年次学術講演会, 2006年7月6日, 横浜.
  69. 池田崇史・西田顕郎・本岡毅・土田聡・川戸渉 (2006): スカイラジオメーターによるエアロゾル光学特性の観測. 日本写真測量学会平成18年度年次学術講演会, 2006年7月7日, 横浜.
  70. 三上寛了・松下文経・西田顕郎・土田聡・川戸渉 (2006): LAI推定高度化のための魚眼デジタルカメラ放射量補正. 日本写真測量学会平成18年度年次学術講演会, 2006年7月7日, 横浜.
  71. 佐々井崇博・西田顕郎・伊藤昭彦・三枝信子 (2006): 衛星データ重視型モデルによる東アジア地域の陸域炭素フラックス推定. 日本リモートセンシング学会 平成18年度秋季学術講演会, 沖縄.
  72. 本岡毅・西田顕郎・土田聡・宮田明・間野正美 (2006): 水田におけるMODIS可視近赤外バンドと植生指標の地上検証. 日本リモートセンシング学会 平成18年度秋季学術講演会, 沖縄.
  73. 小柳智和・西田顕郎 (2006): SPOT-VGTとMODISによる東アジアの植生変動域の抽出. 日本リモートセンシング学会 平成18年度秋季学術講演会, 沖縄.
  74. 関川清広・川尻浩史・藤島理・村岡裕由・西田顕郎・鞠子茂 (2007): LAIに基づく冷温帯半自然草原のNPP推定. 日本生態学会全国大会ESJ54, 2007年3月21日, 松山. [要旨]
  75. 村岡裕由・吉野純・斎藤琢・李美善・牧雅康・児島利治・西田顕郎・玉川一郎・秋山侃・安田孝志・小泉博 (2007): 中部山岳地帯における生態系機能評価の試み. 日本生態学会全国大会ESJ54, 2007年3月21日, 松山. [要旨]
  76. 西田顕郎 (代理発表: 村岡裕由) (2007): 地球生態系における衛星リモートセンシング観測とモデリング. 日本生態学会全国大会ESJ54, 2007年3月22日, 松山.
  77. 永井信・西田顕郎・石原光則・村岡裕由 (2007): 冷温帯落葉広葉樹林におけるフェノロジーと雲被覆による影響が無いNDVIデータの関連. 日本リモートセンシング学会第40回 (平成18年度春季) 学術講演会, 2007/05/11, 日本大学文理学部.
  78. 石原光則・永井信・西田顕郎・三枝信子・村岡裕由・秋山侃 (2007): 落葉広葉樹林における地上観測データを用いたPRIとLUEの関係解析. 日本リモートセンシング学会第40回 (平成18年度春季) 学術講演会, 2007/05/10, 日本大学文理学部.
  79. 西田顕郎・今泉文寿・眞板秀二・宮本邦明 (2007): 富士川上流における凍結融解. 平成19年度砂防学会研究発表会, 2007年5月, 福井.
  80. 高安健太郎・西田顕郎 (2007): 流域面積, 起伏比および露頭斜面土砂の中央粒径と土砂堆積域の勾配との相関. 平成19年度砂防学会研究発表会, 2007年5月, 福井.
  81. 小柳智和・眞板秀二・西田顕郎 (2007): 衛星リモートセンシングで見る東アジアの植生変動. 平成19年度砂防学会研究発表会, 2007年5月, 福井.
  82. Muraoka H., Nishida K., Yoshino J. and Koizumi H. (2007) "Scaling photosynthesis from leaf to canopy and regional scales: linking plant ecophysiology, remote sensing and modelling." 3rd EAFES / EcoSummit 2007 symposium "Toward mechanistic and integrated understanding on the terrestrial carbon dynamics. - Linking ecology, remote sensing and micrometeorology from plot to regional scales -". May 22-27, Beijing, China.
  83. 西田顕郎 (2007): 衛星リモートセンシングを援用した, 赤石山脈の凍結融解分布の推定. 日本写真測量学会 平成19年度年次学術講演会, 2007年6月, 横浜. (キャンセル)
  84. 本岡毅・西田顕郎 (2007): 赤色光と緑色光の反射率の関係を用いた植生フェノロジー推定. 日本写真測量学会 平成19年度年次学術講演会, 2007年6月, 横浜.
  85. Iwao, K. and Nishida, K. (2007): Using the Degree Confluence Project to develop a new global land cover map and validation dataset. The 2007 Free and Open Source Software for Geospatial (FOSS4G) conference, 24-27 Sep. 2007, Victoria, Canada. [abstract]
  86. 馬淵和雄・高橋清利・西田顕郎 (2007) BAIM2を導入した地域気候モデルにより再現された陸域植生LAIの年々変動と衛星NDVIによる検証. 日本気象学会秋季講演会.
  87. 松本卓也・小杉緑子・大久保晋治郎・西田顕郎・小熊宏之・中路達郎(2008) 温帯常緑針葉樹(ヒノキ)林のガス交換過程を反映する分光植生指標. 日本生態学会, 福岡. [要旨]
  88. 西田顕郎, 村上浩, 島田政信 (2008) JAXAの衛星センサーによる生態系研究. 日本生態学会, 福岡.
  89. 中川奈美子・関川清広・三上寛了・鈴木あづさ・村岡裕由・西田顕郎・鞠子茂 (2008) 魚眼デジタルカメラ画像による草原のLAI推定とモニタリング. 日本生態学会, 福岡. [要旨]
  90. 中路達郎, 井手玲子, 高木健太郎, 小杉緑子, 大久保晋治郎, 西田顕郎,三枝信子, 小熊宏之(2008)針葉樹林の光利用効率推定のための分光指標の検索. 日本農業気象学会 2008年度全国大会, 3/20-3/21, 海峡メッセ下関.
  91. 岩男弘毅・山本直孝・奈佐原顕郎・Dave Patton・木下嗣基・山形与志樹・土田聡・関口智嗣 (2008) GEO Gridにおける全球土地被覆図検証システムの実装. 日本リモートセンシング学会第44回(平成20年度春季)学術講演会, 2008/05/23, 東京工業大学すずかけ台キャンパス.
  92. 奈佐原(西田)顕郎 (2009): FOSSを使った衛星生態学. 日本生態学会第56回全国大会, 「生態学におけるFOSS4G利用の最前線」, 2009年3月17日,17:15〜19:1, 岩手県立大学, 盛岡.
  93. 奈佐原顕郎・三上寛了・永井信・村岡裕由 (2009): 冷温帯落葉樹林(高山サイト)における、葉面積指数の総合的長期観測. 日本生態学会第56回全国大会, PA1-036, 2009年3月18日 10:00-17:00, 岩手県立大学, 盛岡. ポスター。[要旨]
  94. 本岡毅・奈佐原顕郎 (2009): 衛星リモートセンシングによる紅葉・黄葉フェノロジー観測手法の開発. 日本生態学会第56回全国大会, PA1-029, 2009年3月18日 10:00-17:00, 岩手県立大学, 盛岡. ポスター。[要旨]
  95. Nasahara, K. N. (2009): Networking of research communities: JapanFlux-JaLTER-JAMSTEC-JAXA. 日本生態学会第56回全国大会, T13-6, 2009年3月19日 17:30-19:30, 口頭。
  96. Hiroshi Murakami, Robert Frouin, Nobuko Saigusa, Ryuichi Hirata and Kenlo Nasahara (2009): Estimation of Photosynthetically Available Radiation using Terra, Aqua MODIS and SeaWiFS. International Ocean Color Workshop (Hangzhou, 23-24 April. 2009)
  97. Lisa Wingate, Andrew D. Richardson, Kenlo N. Nasahara, Jake F. Weltzin, John Grace and the FLUXNET webcam network (2009): Keeping an eye on the carbon balance: linking canopy development and net ecosystem exchange using an international webcam network. EGU General Assembly 2009, April 21, Vienna.
  98. Fumitoshi IMAIZUMI, Kenlo N. NASAHARA, Daizo TSUTSUMI, Masaharu FUJITA, Kuniaki MIYAMOTO (2009): Estimation of sediment supply rate by freeze-thaw in large mountainous area in Japan. EGU General Assembly 2009, Vienna.
  99. Muraoka H., Saigusa N., Shibata H., Hiura T., Nasahara K. and Nakaoka M. (2009) Interdisciplinary research on terrestrial ecosystem functions by networking networks (JaLTER - JapanFlux - JAMSTEC - JAXA). 10th INTECOL, August 17, Brisbane, Australia.
  100. Muraoka H., Naksahara K., Saitoh T.M., Yoshino J., Nagai S., Ishihara M., Noda H., Lee MS, Kojima T., Tamagawa I., Akiyama T., Yasuda T. and Koizumi H. (2009) "Satellite Ecology" an interdisciplinary study for ecosystem functions in a mountainous landscape in Japan. 10th INTECOL (Brisbane, Australia)
  101. 村岡裕由,日浦勉,柴田英昭,三枝信子,奈佐原顕郎 (2009) JaLTERの動向とモニタリングサイト1000森林分野との協力体制. 2009年9月16日, 陸水学会第74回大分大会シンポジウム「陸水生態系の長期・広域的観測研究の将来」, 大分大学教育福祉科学部.
  102. Nagai, S., K. N. Nasahara, H. Muraoka, T. Akiyama, S. Tsuchida (2009) Field test the use of vegetation indices for phenology detection. AGU Fall Meeting, San Francisco.
  103. Motohka, T. and Nasahara, K. N. (2009): A simple and robust method for remote sensing of phenology using green and red reflectance: GRVI-method. American Geophysical Union Fall Meeting, 2009/12/17, San Francisco. (Poster)
  104. 奈佐原顕郎(筑波大), 本岡毅(筑波大), 永井信(JAMSTEC), 村岡裕由(岐阜大): 2009年の紅葉・落葉はなぜ早かったのか ---衛星・地上同時観測と検証. 日本生態学会第57回全国大会 (2010年3月18日,東京) [要旨]
  105. 関川清広・和泉潤・中川奈未子・三上寛了・奈佐原顕郎:葉群画像モニタリングによる半自然ススキ草原のLAI動態. 日本生態学会第57回全国大会 (2010年3月18日,東京) [要旨]
  106. 中川奈未子・三上寛了・和泉潤・関川清広・奈佐原顕郎:魚眼デジタルカメラ画像による草原のLAI推定. 日本生態学会第57回全国大会 (2010年3月18日,東京) [要旨]
  107. Potithep, S., Nasahara, K. N., and Suzuki, R. (2010): Comparison of LAI estimation based vegetation index and MODIS LAI for gross primary productivity estimation, deciduous broadleaf forest in Japan. EGU General Assembly 2010.
  108. 本岡毅, 内田 雅己, 岸本(莫)文紅, 林健太郎, 村岡裕由, 野田響, 中坪孝之, 奈佐原 顕郎 (2010): 衛星リモートセンシングを用いた北極域スバールバル諸島の消雪時期と 積雪開始時期の観測. JGU2010, 2010/05/27, 幕張 [要旨]
  109. 田中 健太郎・奈佐原 顕郎: 衛星観測によるPARを用いたスギ花粉飛散総数の予測. 日本リモートセンシング学会第48回(平成22年度春季)学術講演会, 2010/05/27.
  110. 関川清広, 小宮沢奈未子, 三上寛了, 奈佐原 顕郎: 半自然ススキ草原の葉群動態. 植物学会第74回大会. 2010年9月9日〜11日, 中部大学. (ポスター)
  111. 高橋陪夫・奈佐原顕郎・田殿武雄・村上浩・門崎学・向井田明・道津正徳・杉村俊郎・一丸知子,「だいち」ALOSによる高精度土地被覆図, 日本リモートセンシング学会第49回学術講演会論文集, p.41-42, 2010
  112. 久米篤・奈佐原顕郎・永井信・村岡裕由: 林冠の近赤外放射と光合成有効放射の透過比を利用した葉量変化の推定法. 植物学会第74回大会. 2010年9月9日〜11日, 中部大学.
  113. Nasahara, K. N.: Terrestrial ecology with JAXA's new satellite mission "GCOM-C/SGLI." ISPRS Technical Commission VIII Symposium, 2010年8月9-12日, 京都
  114. 高橋陪夫・奈佐原顕郎・田殿武雄・村上浩・門崎学・向井田明・道津正徳・杉村俊郎・一丸知子:「だいち」ALOS による高精度土地被覆図. 日本リモートセンシング学会. 2010年11月10日, 弘前大学.
  115. 村岡裕由,野田響,永井信,本岡毅,奈佐原顕郎,三枝信子: 落葉広葉樹林キャノピーの光合成生産力とその季節性. 日本生態学会第58回全国大会 (2011年3月,札幌)
  116. 野田響、本岡毅、村上和隆、奈佐原顕郎、村岡裕由: 積分球を用いた様々なfunctional typeの植物種における個葉の分光特性の測定法. 日本生態学会第58回全国大会 (2011年3月,札幌)
  117. 村上和隆・佐々井崇博・野田響・秋津朋子・奈佐原顕郎: 地上分光観測と陸域生態系モデルによるポイントスケールでの炭素収支解析. 日本生態学会第58回全国大会 (2011年3月,札幌)
  118. 羽田野真由美・本岡毅・奈佐原顕郎: 衛星リモートセンシングと有効積算温度を用いた将来の展葉時期の予測. 日本生態学会第58回全国大会 (2011年3月,札幌)
  119. 江原洋平・奈佐原顕郎: デジタルカメラを用いた時系列自動三次元計測. 日本写真測量学会平成23年度年次学術講演会, 2011/05/23, 東京大学生産技術研究所.
  120. 秋津朋子, 久米篤, 廣瀬保雄, 奈佐原顕郎 (2012): 全天日射に対する光合成有効放射の比率はどのくらい一定か. 日本生態学会第59回全国大会 (2012年3月,大津)
  121. 久米篤, 秋津朋子, 片山博之, 奈佐原顕郎 (2012): 野外におけるPAR測定の意義と必要とされるセンサ. 日本生態学会第59回全国大会 (2012年3月,大津)
  122. Noda, H. M., Muraoka, H., Nasahara, K. N. (2012): Estimation of single-leaf ecophysiological characteristics by leaf optical properties in various terrestrial plant functional types. 日本生態学会第59回全国大会 (2012年3月,大津)
  123. Murakami, K., Sasai, T., Noda, H. M., Muraoka, H., Nasahara, K. N. (2012): Estimation of leaf area index from a canopy radiative transfer model with plant phenology in East Asia. 日本生態学会第59回全国大会 (2012年3月,大津)
  124. 秋津朋子・奈佐原顕郎: Phenological Eyes Networkによる, 生態系リモートセンシングのための長期地上データセット. 日本地球惑星科学連合2012年大会, 2012/05/21
  125. 久米篤, 秋津朋子, 奈佐原顕郎 (2012) 陸上植物は最大直達日射を避けるために緑なのかもしれない. 日本植物学会第76回大会
  126. 久米篤, 秋津朋子, 奈佐原顕郎 (2012) 直達放射と散乱放射のスペクトルの違いの影響. 第61回北方森林学会大会, 札幌.
  127. 石原光則・井上吉雄・小野圭介・秋津朋子・奈佐原顕郎(2012) 異種衛星センサによる水田の分光データの比較分析. 日本リモートセンシング学会
  128. 佐々井崇博、村上和隆、加藤創史、開和生、三枝信子、松永恒雄、奈佐原顕郎(2012) 陸域生物圏モデルと衛星データを組み合わせた全球1km メッシュの陸域炭素収支解析. 日本気象学会
  129. 高橋陪夫・奈佐原顕郎・田殿武雄・渡辺知弘・道津正徳・杉村俊郎・冨山信弘, JAXA高解像度土地利用土地被覆図の更新及び地上検証データの整備, 日本リモートセンシング学会第52回学術講演会論文集, pp -, 東京大学生産技術研究所, 2012. 東京大学生産技術研究所, 2012.
  130. 高橋陪夫,奈佐原顕郎, 田殿武雄, 渡辺知弘,道津正徳,杉村俊郎,冨山信弘,「だいち」ALOSによる高解像度土地利用土地被覆図, 宇宙科学技術連合, 2F13, 2012
  131. M. Takahashi, K. Nasahara, T. Tadono,T. Watanabe, M. Dotsu, T. Sugimura and N. Tomiyama, JAXA High Resolution Land-Use and Land-Cover Map of Japan, The 33rd Asian Conference On Remote Sensing, Pattya, Thailand, 2012
  132. 野田響, 本岡毅, 村上和隆, 奈佐原顕郎, 村岡裕由 (2013) 積分球を用いた細い葉および針葉の分光反射率・透過率の測定方法. 第50回日本生態学会, 3月8日
  133. M. Takahashi, K. Nasahara, T. Tadono,T. Watanabe, M. Dotsu, T. Sugimura and N. Tomiyama, JAXA HIGH RESOLUTION LAND-USE AND LAND-COVER MAP, IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS) IGARSS, 2013
  134. 奈佐原顕郎 (2013) Phenological Eyes Networkによる生態系長期観測. 日本地球惑星科学連合 A-CG37 統合的な陸域生態系-大気プロセス研究, 招待講演. [abstract]
  135. Kenlo Nishida Nasahara, Mayumi Hadano, Takeshi Motohka, Hibiki Noda, Kazutaka Murakami, Masahiro Hosaka (2013) Prediction of spring leaf flush in 21st century in Japan using MODIS data. ISRS2013, Tokyo.
  136. Masuo Takahashi, Kenlo (Nishida) Nasahara, Takeo Tadono, Tomohiro Watanabe, Masanori Dotsu, Toshiro Sugimura, Nobuhiro Tomiyama (2013) JAXA high resolution land-use land-cover map of Japan. IGARSS 2013, Melbourne, Australia.
  137. 小野祐作, 村上浩, 奈佐原顕郎, 梶原康司, 本多嘉明 (2013) GCOM-C1/SGLI データを利用したFAPAR・LAI 推定アルゴリズムの開発. 日本リモートセンシング学会
  138. Kazutaka Murakami, Takahiro Sasai, Soushi Kato, Kaduo Hiraki, Kenlo Nishida Nasahara, Tsuneo Matsunaga (2013) Evaluations of carbon fluxes estimated by top-down and bottom-up approaches. AGU Fall Meetings, San Francisco.
  139. 村岡裕由・永井信・斎藤琢・野田響・奈佐原顕郎・伊藤昭彦・三枝信子・小泉博 (2014) 衛星--生理生態学による森林生態系機能の時空間スケーリングの試み. 日本生態学会, 広島.
  140. 野田響,村岡裕由,奈佐原顕郎,伊藤昭彦 (2014) 冷温帯落葉広葉樹林における個葉・葉群窒素量のリモートセンシング. 日本生態学会, 広島.
  141. 井上智晴, 永井信, 斎藤琢, 村岡裕由, 奈佐原顕郎, 小泉博 (2014) 落葉広葉樹林における葉群フェノロジーの年々変化 -- デジタルカメラ観測による樹種ごとの検出 -- 日本生態学会, 広島.
  142. 久米篤, 秋津朋子, 奈佐原顕郎 (2014) ハイパースペクトル日射観測の意義. JpGU
  143. 水落裕樹・檜山哲哉・奈佐原顕郎 (2014) ナミビアの洪水-干ばつ対応農法提案のための衛星リモートセンシングを用いた湛水解析. 2014/05/23 日本写真測量学会 平成26年度年次学術講演会, 東京大学生産技術研究所.
  144. Shin Nagai, Taku M Saitoh, Tomoharu Inoue, Hideki Kobayashi, Rikie Suzuki, Hiroyuki Muraoka, and Kenlo Nishida Nasahara (2014) Accurate detection of spatio-temporal variability of the timing of start and end of growing season in deciduous forests in Japan. Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) Sapporo.
  145. 久米篤, 秋津朋子, 奈佐原顕郎, 廣瀬保雄, 居島修 (2014) 光合成有効放射と放射観測. 日本気象学会秋季大会, 2014.10.23. 福岡
  146. 久米篤, 秋津朋子, 奈佐原顕郎 (2014) 葉の光吸収は直達日射スペクトルと精密に対応している. 日本植物学会第78回大会, 2014.09.14.
  147. Shin Nagai, Taku M Saitoh, and Kenlo Nishida Nasahara (2014) Multidisciplinary in situ and satellite observations for accurate monitoring terrestrial ecosystem structure and functioning: Knowledge gained from Phenological Eyes Network (PEN). AsiaFlux Workshop, 2014/08/21, Los Banos, Philippines
  148. Noda, H.M., Muraoka, M., and Nasahara, K.N. (2014) Ecophysiological remoteseinsing of canopy phenology in a cool-temperate deciduous forest in Japan. AsiaFlux Workshop, 2014/08/22, Los Banos, Philippines
  149. 佐々井崇博, 山田大輔, 相庭一輝, 脊戸山祐子, 林美晴, 小谷亜由美, 太田岳史, 村上和隆, 加藤創史, 吉田龍平, 檜山哲哉, 松永恒雄, 三枝信子 (2014) 衛星観測データを複合利用した診断的手法によるシベリア地域の炭素収支解析(大気-陸面間の水・エネルギー・炭素フラックスに関する最新研究2013,スペシャル・セッション) 日本気象学会
  150. Yang, W., Kobayashi, H., Suzuki, R., Nasahara, K.N. (2014), Retrieval of Understory NDVI in Sparse Boreal Forests By MODIS Brdf Data, AGU fall meeting 2014, Dec. 18, 2014 (Poster)
  151. Ono, Y., Murakami, H., Kobayashi, H., Nasahara, K.,Kajiwara, K., Honda, Y. (2014), Development of a global LAI estimation algorithm for JAXA's new earth observation satellite sensor, GCOM-C/SGLI , AGU fall meeting 2014, Dec. 17, 2014 (Poster)
  152. 井手玲子、廣瀬保雄、小熊宏之、三枝信子、秋津朋子、奈佐原顕郎 (2015) フラックスタワーにおける高精度分光観測のための遮蔽装置の開発. 日本農業気象学会2015年全国大会
  153. 秋津朋子、奈佐原顕郎、小林秀樹、楊偉、本多嘉明、梶原康司、谷川聡、三枝信子、林真智、Pingchun Habura、高橋善幸、廣瀬保雄、井手玲子、渡會貴之、柴田英昭、日浦勉、吉田俊也、高木健太郎、中路達郎、福澤加里部、加藤知道、高木方隆、小野祐作、栗原幸雄、宮崎理紗 (2015) 生態系リモセンのためのJAXAスーパーサイト500. 日本農業気象学会2015年全国大会
  154. 小野祐作・村上浩,小林秀樹,奈佐原顕郎,梶原康司・本多嘉明 (2015) 東アジアにおける衛星多波長・多方向観測データによる上層植生と下層植生のLAIの推定. 気象学会春季大会. つくば
  155. 馬淵和雄・本多嘉明・奈佐原顕郎・村上浩・堀雅裕・森山雅雄・梶原康司 (2015) 地球観測衛星プロダクトと気候モデルプロダクトの相互利用検証. 気象学会春季大会. つくば
  156. 堀雅裕・村上浩・宮崎理紗・本多嘉明・梶原康司・奈佐原顕郎・中島孝・入江仁士・虎谷充浩・平譯享・青木輝夫 (2015) GCOM-C/SGLIプロダクトの打上げ後検証計画の概要. 気象学会春季大会. つくば
  157. 宮崎理紗・堀雅裕・村上浩・本多嘉明・梶原康司・奈佐原顕郎・中島孝・入江仁士・虎谷充浩・平譯享・青木輝夫 (2015) GCOM-C/SGLI標準プロダクトの検証計画. 日本地球惑星科学連合大会. 2015/05/24-28, 幕張メッセ.
  158. 井手玲子、小熊宏之、奈佐原顕郎、市井和仁、永井信、石田昭人、中村和彦 (2015) デジタルカメラの定点撮影画像による日本各地の植生フェノロジーの把握. 日本地球惑星科学連合大会. 2015/05/24-28, 幕張メッセ.
  159. 辻本克斗,加藤知道,平野高司,斎藤琢,永井信,秋津朋子,奈佐原顕郎 (2015) 地上タワー観測によるクロロフィル蛍光を利用したスギ・ヒノキ植林の光合成機能の季節変化. 日本地球惑星科学連合大会. 2015/05/24-28, 幕張メッセ.
  160. 水落裕樹, 奈佐原顕郎. 衛星観測によるナミビア季節湿地における高時空間分解能の貯水量・蒸発量推定. 日本地球惑星科学連合 2015 年大会, 千葉, 2015 年 5 月.
  161. テムルン,奈佐原顕郎.Land cover change analysis using Landsat in Wulagai, Inner Mongolia.日本写真測量学会平成 27 年度年次学術講演会,東京,2015年5月.
  162. Ono Y, Murakami H, Kobayashi H, Nasahara KN, Kajiwara K, Honda Y (2015) Development of a LAI estimation algorithm for JAXA's new earth observation satellite, "GCOM-C/SGLI". International Symposium on Remote Sensing (ISRS), Tainan, Taiwan, April 22 - 24, 2015. (Poster)
  163. Tsujimoto K., Kato T., Hirata T., Ssaitoh T., Nagai S., Akitsu T., Nasahara, K.: Estimation of gross primary production and light use efficiency by the tower-based sun-induced fluorescence measurement in the Japanese evergreen coniferous forest. AGU Fall Meeting 2015, San Francisco, USA, December, 2015.
  164. Kato T., Tsujimoto K., Nasahara N.K., Akitsu T., Ono K., Miyata A.: Sun-induced chlorophyll fluorescence reveals strong representation of photosynthesis at ecosystem level in rice paddy field in Japan. AGU Fall Meeting 2015, San Francisco, USA, December, 2015.
  165. Nagai S, Saitoh, TM, Nasahara KN, Inoue T, Suzuki R (2015) Accurate detection of spatio-temporal variability of plant phenology by using satellite-observed daily green-red vegetation index (GRVI) in Japan. AGU Fall Meeting.
  166. Soyama N, Muramatsu K, Ochiai F, Daigo M, Sasai T, Nasahara K (2015) Validation Method of Global Land Cover Map using Reference Data with Quality Level. ISTS
  167. Ono Y, Murakami H, Kobayashi H, Nasahara KN, Kajiwara K, Honda Y (2015) Development of a leaf area index (LAI) estimation algorithm for GCOM-C/SGLI. International Symposium on Space Technology and Science, Kobe, July 4-10, 2015.
  168. Kobayashi H., Yang W., Yunus A., Nagai S., Ono Y., Sugiura K., Nasahara K., Kim Y., Van Dam B., Nagano H., Zona D., Harazono Y., Bret-Harte S., Ichii K., Ikawa H., Iwata H., Oechel W., Ueyama M., Suzuki R., Satellite and ground-based monitoring of terrestrial ecosystem structure and phenology in Arctic and sub-Arctic regions. Arctic Observing Summit 2016, March 16-17, 2016.
  169. 奈佐原顕郎 (2016) 衛星リモートセンシング観測による高精度な土地被覆図の作成. 第63回日本生態学会大会 自由集会W10, 2016/03/22, 仙台国際センター.
  170. 久米篤, 秋津朋子, 奈佐原顕郎. 野外における分光測定の生態学的な意義. 日本生態学会第63回全国大会, 仙台, 2016年3月
  171. 野田響, 奈佐原顕郎, 村岡裕由 (2016) 冷温帯落葉広葉樹林において個葉レベルの分光特性の季節変動が群落の分光反射率に与える影響の解析. 日本生態学会第63回全国大会, 仙台, 2016年3月
  172. Tomomichi KATO, Katsuto TSUJIMOTO, Kenlo NISHIDA-NASAHARA, Tomoko AKITSU, Keisuke ONO, Akira MIYATA (2016) Sun-induced chlorophyll fluorescence reveals strong representation of photosynthesis at ecosystem level in rice paddy field in Japan. JpGU 2016
  173. Hibiki M. Noda, Kenlo Nishida Nasahara, Hiroyuki Muraoka (2016) Phenological changes in leaf optical properties of canopy trees and canopy surface reflectance in a cool-temperature deciduous broadleaf forest. JpGU 2016
  174. 石原光則・奈佐原顕郎・田殿武雄 (2016) Landsat-8 OLIを用いた土地利用土地被覆分類図作成条件の検討. 日本リモートセンシング学会第61回学術講演会. 2016/11/02, 新潟.
  175. 片木仁・小林健一郎・田殿武雄・奈佐原顕郎 (2016) JAXA日本域高解像度土地利用・土地被覆図の高精度化 (Version 16.09). 日本リモートセンシング学会第61回学術講演会. 2016/11/02, 新潟.
  176. 小林健一郎・奈佐原 顕郎・田殿武雄・大串文美・道津正徳・段理紗子 (2016) 多時期土地被覆情報データセット“SACLAJ”の開発. 日本リモートセンシング学会第61回学術講演会. 2016/11/02, 新潟.
  177. 加藤知道・辻本克斗・奈佐原顕郎・秋津朋子・浅沼順・小野圭介・宮田明 (2016) SIFの地上観測 - 農地・森林での例. 日本リモートセンシング学会第61回学術講演会. 2016/11/01, 新潟.
  178. 石原光則・奈佐原顕郎・田殿武雄 (2016) 先進光学衛星搭載 RedEdge バンドによる水稲観測の有効性検討. 日本写真測量学会平成28年度秋季学術講演会, 2016/11/10, 福岡.
  179. 加藤知道・辻本克斗・酒井祐慎・小林秀樹・斉藤琢・村岡裕由・奈佐原顕郎・秋津朋子・永井信・三枝信子・村山昌平 (2017) 冷温帯林における太陽光誘起クロロフィル蛍光を利用した光合成機能推定. 流域圏保全学推進セミナー, 3/6~7 岐阜大流域圏科学研究センター.
  180. 中路達郎・秋津朋子・吉田俊也・日浦勉・中村誠宏・柴田英昭・奈佐原顕郎 (2017) 森林生態リモートセンシング研究のための大規模森林調査プロットの整備. 森林学会, 3月28日
  181. Hideki Kobayashi, Tomomichi Kato, Yasunori Saitoh, Hibiki Noda, Kouki Hikosaka, Kazuhito Ichii and Kenlo Nishida Nasahara (2016) An Integrative Observing and Modeling Approach for the Physiological Understanding of Sun-Induced Chlorophyll Fluorescence in Japan. AGU Fall Meeting
  182. Sakai Y, Kato T, Tsujimoto K, Kobayashi H, Nasahara K, Akitsu T, Murayama S, Noda HM, Muraoka H (2017) Analysis of the relationship between the GPP and SIF from remote sensing data using theoretical model. JpGU
  183. 加藤知道, 辻本克斗, 酒井佑槙, 小林秀樹, 奈佐原顕郎, 秋津朋子, 村山昌平、野田響, 村岡裕由 (2017) 冷温帯落葉広葉林における太陽光誘起クロロフィル蛍光の層別上下方向の観測. JpGU
  184. Akitsu T, Nashara KN, Kume A, Hirose Y, Ijima O, Takagi K, Ide R (2017) Do you still use the constant ratio of PAR to solar radiation for global studies? JpGU
  185. Akitsu T, Nasahara KN, Nakaji T, Yoshida T, Saigusa N, Kobayashi H, Hayashi M, Hori M, Honda Y (2017) JAXA super sites 500: a large footprint ecological monitoring project for satellite validation. JpGU
  186. J.Katagi, K.Nasahara, K.Kobayashi, M.Ohki and T.Tadono. (2017):Updates of JAXA high resolution LULC map in Japan, International Symposium on Remote Sensing 2017, Nagoya University, May 18, 2017. (Oral)
  187. Temulun, Nasahara KN (2017) Land cover classification of the Mongolian Plateau using multi-temporal MODIS data. JpGU
  188. Mizuochi H, Nasahara KN, Hiyama T (2017) Satellite-based analysis of the land cover change effect on evapotranspiration over semi-arid seasonal wetlands. JpGU
  189. Sakai Y, Kato T, Kobayashi H, Nasahara K, Akitsu T, Murayama S, Noda HM, Muraoka H (2017) Analysis of the relationship between the GPP and SIF from remote sensing data using theoretical model. JpGU

研究会・ワークショップ開催(コンビーナー): (meetings which I organised)

研究会・ワークショップ発表: (presentations in unofficial meetings)

  1. 樋口篤志, 西田顕郎, 飯田真一 , 近藤昭彦 :  草地における水文過程のリモートセンシング実験.千葉大学CEReS共同利用研究会「リモートセンシングにおける分光学的基礎」, 1999年6月16日, 千葉大学
  2. 西田顕郎: 個葉の分光反射特性の実験的研究.千葉大学CEReS共同利用研究会「リモートセンシングにおける分光学的基礎」, 1999年6月16日, 千葉大学
  3. 西田顕郎・照沼利浩(1999):衛星リモートセンシングによる雲仙普賢岳火砕流堆積地の観察.第2回CEReSシンポジウム, 1999年12月17日, 千葉.
  4. 西田顕郎(1999):新型衛星センサー(MODIS・GLI等)による植生のリモートセンシングの検証実験計画.第2回CEReSシンポジウム, 1999年12月17日, 千葉.
  5. 樋口篤志・西田顕郎・飯田真一・新村典子・近藤昭彦 (2000):PGLIERC (Preliminary GLobal Imager experiment at Environmental Research Center):その概要. 第2回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ(東京・浜松町)proceeding]
  6. 樋口篤志・西田顕郎・飯田真一・近藤昭彦 (2000):様々な手法による草地のフェノロジーモニタリング: PGLIERCの成果から. 第2回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ(東京・浜松町)[proceeding]
  7. 西田顕郎・樋口篤志・飯田真一・近藤昭彦 (2000):VI-Ts法とBRDFによる, 地表面状態推定手法の検討(PGLIERCの成果から). 第2回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ (東京・浜松町)(要旨
  8. 樋口篤志, 西田顕郎, 近藤昭彦, 田中賢治, 戎信宏, 飯田真一, 中北英一 (2002): 地上設置型植生モニタリングシステムを用いた日本での代表的な土地被覆での植生指標の季節変化 - PGLIERC, 琵琶湖プロジェクトの成果から-, 第3回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ論文集, pp.69-75.
  9. Nishida, K., Nemani, R. R., Running, S. W., and Glassy, J. (2002) MODIS Evapotranspiration Project (MOD16). USDA/ARS Hydrology and Remote Sensing Lab., Jan. 31
  10. Nishida, K., Nemani, R. R., Running, S. W., and Glassy, J. (2002) MODIS Evapotranspiration Project (MOD16). Department of Geography of Boston University, Feb. 8
  11. Nishida, K., Nemani, R. R., Running, S. W., and Glassy, J. (2002) MODIS Evapotranspiration Project (MOD16). NASA/Goddard Space Flight Center, Feb. 21
  12. 西田顕郎(2002):衛星リモートセンシングと流域管理 −米国での研究活動から−, 独立行政法人土木研究所, つくば, 3月26日.
  13. 西田顕郎(2002):MODIS蒸発散プロダクト(MOD16)の現状と課題.ミニワークショップ「陸面過程・炭素循環・植生パラメータを衛星リモセンでどう攻めるか?」 筑波大学陸域環境研究センター, 3月30日.
  14. 西田顕郎(2002):MODIS蒸発散プロダクト(MOD16)開発の現状と課題.MODISなど衛星データ利用ミニワークショップ, 農林水産研究計算センター, つくば, 4月3日.
  15. Nishida, K. (2002): MODIS Evapotranspiration Project. International Symposium on Perspectives of Long-Term Ecological Research (LTER) and analysis of MODIS data for restoration of degradaded ecosystems in Northeast Asia. Seoul, June 24
  16. 西田顕郎(2002):衛星リモセンによる, GAME-T領域の広域蒸発比の推定.GAME-T研究集会, 東大生産技術研究所, 東京, 8月19日.
  17. 西田顕郎(2002):米国の小さな大学の挑戦−リモートセンシングと数値モデルによる広域生態・水文研究, 農林工学系サロン, つくば, 11月25日.
  18. 西田顕郎(2002):衛星リモートセンシングによる植生活性の観測-蒸発散とフェノロジー.産業総合技術研究所, つくば, 11月26日.
  19. 西田顕郎(2003):衛星リモートセンシングによる植生蒸発散とフェノロジー研究.観測研究会, 総合地球環境学研究所, 京都, 1月8日.
  20. 西田顕郎(2003):光学センサーによる, フェノロジーの衛星リモートセンシング観測.総合地球環境学研究所, 京都, 5月2日.
  21. 西田顕郎(2003):陸域生態系の蒸発散・炭素フラックスに関する, 地上観測・数値モデル・衛星リモ-トセンシングの統合.「気候植生フォーラム」, 東京大学農学部1号館, 6月20日.
  22. Nishida, K. (2003): Values of Takayama as a core test site of ecosystem remote sensing. Synthesis Workshop on the Carbon Budget in Asian Monitoring Network, October 21-22, Takayama, Japan.
  23. Nishida, K. (2003): Takayama Workshop
  24. Nishida, K. (2003): Local phenology makes troubles in remote sensing of global vegetation dynamics. The CEReS International Symposium on Remote Sensing - Monitoring of Environmental Change in Asia -, December 16, Chiba Univ., Chiba.
  25. 西田顕郎 (2004): 複数衛星センサーの組み合わせによる雲除去の試み.観測・解析研究会, 苫小牧, 2月1日.
  26. Nishida, K. (2004): Continuous ground observation for linking remote sensing and ecosystem observation at the Takayama Flux Site (Invited lecture). APGC-Post Flux Meeting, Oct. 23, Tsukuba.
  27. 西田顕郎 (2004): 高山サイトにおける衛星リモートセンシング観測と検証. 岐阜大学21世紀COEプログラム「衛星生態学創生拠点」セミナー. 11月15日, 岐阜大学.
  28. 西田顕郎 (2004): 多波長分光指標による草地植生モニタリング手法. 陸域環境セミナー「植生域の環境変動モニタリング」, 12月10日, 筑波大学 陸域環境研究センター.
  29. 西田顕郎 (2005): 植生モニタリングにおける雲被覆の問題. 平成16年度HyARC計画研究研究集会「衛星データの融合 (Data Fusion) が織りなす新たな地球システム理解」, 2005年02月04日, 名古屋大学高等総合研究館. スライド
  30. 岩男弘毅, 西田顕郎, 土田聡 , 三枝信子, 近藤裕昭 , 山本晋, 山下恵, 吉村充則 (2005): 「自動撮像型魚眼デジタルカメラを用いた日射および光合成有効放射量の推定」, 第14回生研フォーラム, 東京, 2005年3月.
  31. 西田顕郎・武田洋紀 (2005): 高山サイトおけるリモセン地上検証観測の現状と次年度計画. 2005/02/11 岐阜大学 高山セミナー.
  32. Nishida, K. (2005): Influence of stems and branches on the reflectance and ecophysiological process of forest canopy. 1st International Symposium of the 21st Century COE Program "Satellite Ecology," Oct. 14, 2005, Gifu Univ., Japan. (oral; invited)
  33. Iwao, K., Tsuchida, S., Nishida, K., Oguma, H., Iwasaki, A., and Kawato, W. (2005): Phenological Eyes Network ... Ground-based measurement for remote sensing studies. 1st International Symposium of the 21st Century COE Program "Satellite Ecology," Oct. 14, 2005, Gifu Univ., Japan. (poster)
  34. Maki, M., Nishida, K., Saigusa, N., and Akiyama, T. (2005): The relationship between NDVI and LAI at the Takayama Asia Flux Site. 1st International Symposium of the 21st Century COE Program "Satellite Ecology," Oct. 14, 2005, Gifu Univ., Japan. (poster)
  35. Iwao, K., Saigusa, N., Tsuchida, S., Nishida, K., Yamashita, M., Yoshimura, M., Kondo, H., and Yamamoto, S. (2005): Estimation of solar radiation and photosynthesis active radiation using automatic capturing digital fisheye camera. Asian Conference on Remote Sensing, Hanoi, Vietnam. [abstract]
  36. Nishida, K. (2006): Phenological Eyes Network (PEN): A Ground network for satellite ecological data validation. Global Vegetation Workshop 2006, August 7-10, 2006, University of Montana (poster).
  37. Nishida, K. and Muraoka, H. (2006): Scaling up ground vegetation data by inversion of a radiative transfer model with MODIS data. Global Vegetation Workshop 2006, August 7-10, 2006, University of Montana (poster).
  38. Nishida, K., Iwao, K., Kinoshita, T. and Yamagata, T. (2006): Validating land cover maps with degree confluence project Information. Global Vegetation Workshop 2006, August 7-10, 2006, University of Montana (poster).
  39. 西田顕郎・岩男弘毅・土田聡 (2006): 衛星リモートセンシングによる炭素動態解析. 環境省地球環境研究総合推進費戦略プロジェクトワークショップ「システムアプローチで見えてきた東アジア陸域生態系の炭素動態」, 2006年10月14日, 東京・早稲田大学井深大記念ホール(口頭).
  40. 村岡裕由・西田顕郎・村山昌平・三枝信子・小泉博 (2006): 冷温帯落葉広葉樹林(高山サイト)の炭素吸収過程. 環境省地球環境研究総合推進費戦略プロジェクトワークショップ「システムアプローチで見えてきた東アジア陸域生態系の炭素動態」, 2006年10月14日, 東京・早稲田大学井深大記念ホール(ポスター).
  41. 西田顕郎・土田聡・本岡毅・岩男弘毅・小熊宏之・小杉緑子・関川清広 (2006): PENによる衛星データ検証. 環境省地球環境研究総合推進費戦略プロジェクトワークショップ「システムアプローチで見えてきた東アジア陸域生態系の炭素動態」, 2006年10月14日, 東京・早稲田大学井深大記念ホール(ポスター).
  42. 岩男弘毅・西田顕郎・木下嗣基・山形与志樹 (2006): DCPデータによる土地被覆分類図の検証と高精度化. 環境省地球環境研究総合推進費戦略プロジェクトワークショップ「システムアプローチで見えてきた東アジア陸域生態系の炭素動態」, 2006年10月14日, 東京・早稲田大学井深大記念ホール(ポスター).
  43. 西田顕郎・村岡裕由 (2006): 放射伝達モデル逆計算による炭素吸収モデル. 環境省地球環境研究総合推進費戦略プロジェクトワークショップ「システムアプローチで見えてきた東アジア陸域生態系の炭素動態」, 2006年10月14日, 東京・早稲田大学井深大記念ホール(ポスター).
  44. 西田顕郎 (2006): 衛星リモートセンシングは, 陸面過程研究に何を与えてくれるのか. 日本気象学会関西支部2006年度第1回例会(中国地区), 2006年11月11日, 岡山大学環境理工学部 (口頭;特別講演)
  45. 西田顕郎 (2006): 衛星+地上観測による, 本州中央部の長期広域マルチスケールモニタリング戦略. 2006年12月15日, 菅平研究集会, 筑波大学菅平高原実験センター.
  46. Iwao, K., Nishida, K., Kinoshita, T., and Yamagata, Y. (2006) Validation method for land cover maps using Degree Confluence Points information. the 2 nd Workshop of the EARSeL SIG on Land Use and Land Cover. University of Bonn, 28-30 Sept. 2006.
  47. 村岡裕由・西田顕郎・廣田充 (2007): 今後の生態学研究の展開を目指したサイト間連携について. 2007年2月9日, 高山セミナー, 岐阜大学.
  48. 池田崇史・西田顕郎(農林工学系・亀井秋秀・川戸渉・本岡毅・土田聡 (2007): スカイラジオメーターを用いた筑波におけるエアロゾル光学的特性の観測. 平成18年度 陸域環境研究センター年次研究報告会, 2007年3月2日, 筑波大学.
  49. 永井信・三枝信子・村岡裕由・森本宏・西田顕郎 (2007): 日本の冷温帯落葉広葉樹林を対象とした植生指数とGPPの関連についての考察. 第15回生研フォーラム「宇宙からの地球環境モニタリングフォーラム」, 2007年3月, 東京大学生産技術研究所.
  50. Muraoka H., Nishida K., Yoshino J., Noda H. and Koizumi H. (2007) "Scaling photosynthesis from leaf to canopy:coupling leaf ecophysiology, optical property and canopy structure for analyzing ecosystem-scale carbon gain." Japan-Germany Cooperative Science Program "Carbon and water balances in mountain landscapes." September 23 - 30, Bayreuth, Germany.
  51. Muraoka H., Noda H. and Nishida K. (2007) "Scaling photosynthesis from leaf to canopy:coupling leaf ecophysiology, optical property and canopy structure for analyzing ecosystem-scale carbon gain." Japan-US Cooperatice Science Program "Phenotypic plasticity in response to environmental changes: scaling from the molecular to ecosystem levels." October 23 - 26, Nikko, Japan [abstract]
  52. 西田顕郎 (2007) 陸域生態系研究におけるリモートセンシング. 第3回統合的陸域圏研究連絡会, 日本気象学会秋季大会, 北海道大学
  53. 中路達郎, 井手玲子, 高木健太郎, 小杉緑子, 大久保晋治, 西田顕郎, 三枝信子, 小熊宏之 (2007) 落葉/常緑針葉樹林の光利用効率推定における植生指標の有効性評価. JaLTERワークショップ, 2007年11月1日, 国立環境研究所.
  54. 永井信・石原光則・村岡裕由・西田顕郎 (2007) 衛星リモセンによるフェノロジー観測と地上検証. JaLTERワークショップ, 2007年11月1日, 国立環境研究所.
  55. 石原光則・永井信・西田顕郎・秋山侃 (2007) 衛星観測に対応したデジタル画像を用いたフェノロジー観測手法の検証. JaLTERワークショップ, 2007年11月1日, 国立環境研究所.
  56. Nishida, K., Motohka, T., Muraoka, H., and Nagai, S. (2007) Multi-layer modelling of seasonality of canopy spectrum and canopy physiology of the deciduous broadleaf forest in Takayama. 日中韓セミナー, 高山市.
  57. Muraoka H. et al. (2007) "Ecological process of carbon budgets in forest and grassland ecosystems in Takayama site." A3 Foresight Program "Quantifying and predicting terrestrial carbon sinks in East Asia: toward a network of climate change research" 1st seminar "For the joint research in East Asia: sharing knowledge for ecosystem carbon cycling studies.", November 19-22, Takayama, Japan.
  58. Nagai, S., Nishida, K., and Muraoka, H. (2008) Effect of cloud contamination in satellite data on observation of seasonal change in forest ecosystem productivity by NDVI. 日中韓セミナー, 高山市.
  59. Koyanagi, T., Motohka, T., Nasahara, K. N., Maita, H. (2008) Estimation of Vegetation Changes in East Asia with Satellite Remote Sensing. A3 Workshop, Seoul, 2008/02
  60. Nagai, S., Ishihara, M., Nasahara, K. N., Muraoka, H. (2008) Detecting start date of bud-burst and end date of leaf-falling by remote-sensing in a cool-temperate deciduous broad-leaved forest. A3 Workshop, Seoul, 2008/02
  61. Mikami, H., Matsushita, B., Fukushima, T., Nasahara, K. N. (2008) A continuous measurement of leaf area index using automatic-capturing digital camera: Seasonal variation in a deciduous broadleaf forest. A3 Workshop, Seoul, 2008/02
  62. Ishihara, M., Nagai, S., Nasahara, K. N., Akiyama, T. (2008) A phenology monitoring method using digital images of the deciduous broad-leaved forest in Takayama. A3 Workshop, Seoul, 2008/02
  63. Muraoka, H., Saitoh, T. M., Yoshino, J., Nagai, S., Ishihara, M., Nasahara, K. N., Saigusa, N., Murayama, S., Noda, H., Lee, M-S., Kojima, T., Tamagawa, I., Akiyama, T.,Yasuda, T., Koizumi, H. (2008) Scaling photosynthesis from leaf to canopy and landscape levels in a cool-temperate basin ecosystem in central Japan. A3 Workshop, Seoul, 2008/02
  64. Motohka, T., Nasahara, K. N. (2008) Remote Sensing of Leaf Development Types, A3 Workshop, Seoul, 2008/02
  65. 奈佐原顕郎 (2008) 流域圏科学研究センターH19年度年次報告会, 2008/03/11, 岐阜大学
  66. H. Muraoka, K.N. Nasahara, H. Noda, H. Hirota and H. Koizumi (2008): Seasonal and interannual valiation in leaf properties in a cool-temperate deciduous broadleaf forest in Takayama site. 2nd International Symposium of 21st Century COE Program "Satellite Ecology" at Gifu University, 2008/07/30
  67. Ishihara, M., S. Nagai, K.N. Nasahara, T. Akiyama (2008): Observation of annual phenology pattern using digital images in a deciduous broad-leaved forest. 2nd International Symposium of 21st Century COE Program "Satellite Ecology" at Gifu University, 2008/07/30
  68. Nasahara, K. N., H. Muraoka (2008): Leaf-to-canopy upscaling of optical signals and physiology of forest canopy. 2nd International Symposium of 21st Century COE Program "Satellite Ecology" at Gifu University, 2008/08/01.
  69. S. Nagai, K. N. Nasahara, H. Muraoka, T. Akiyama and S. Tsuchida (2008): Criterion of NDVI for spring leaf expansion and autumn defoliation in a cool-temperate deciduous broad-leaved forest. 2nd International Symposium of 21st Century COE Program "Satellite Ecology" at Gifu University, 2008/07/30.
  70. T. Motohka, T. Koyanagi, and K. N. Nasahara (2008): Monitoring vegetation phenology in Japan using satellite remote sensing. 2nd International Symposium of 21st Century COE Program "Satellite Ecology" at Gifu University, 2008/07/31.
  71. Nasahara, K. N., Tsuchida, S., and Motohka, T. (2008): Phenological Eyes Network (PEN): Long-term ground validation of satellite remote sensing of ecosystems. AsiaFlux Workshop 2008/11/18 Seoul
  72. 石原光則・奈佐原(西田)顕郎・三枝信子・秋山侃: MODIS データからの光利用効率推定に関する地上観測データを用いた検証. 2009/03/09 第18回生研フォーラム
  73. 桑田賢太郎・奈佐原顕郎: Terra/MODISとAqua/MODISデータから推定した光合成有効放射量の水稲収量予測への有効性. 2009/03/09 第18回生研フォーラム
  74. 桑田賢太郎・奈佐原顕郎: 衛星で推定した光合成有効放射量の水稲収量予測への有用性. 2009/06/17 地理空間情報フォーラム2009 学生フォーラム. [要旨]
  75. Motohka, T., Nasahara, K. N. (2009): Recent progress of Phenological Eyes Network (PEN). A3 Jinju workshop, 2009/4/20-24, Korea.
  76. 村岡裕由・奈佐原顕郎(2009)生態系機能のモニタリング・解明・評価に求められるリモートセンシング。生物多様性観測ネットワーク日本委員会(J-BON)第一回ワークショップ,5月8-10日,(東京)
  77. 本岡毅・奈佐原顕郎 (2009): リモートセンシングによる展葉・紅葉フェノロジー観測とその地上検証. JaLTER All Scientist Meeting 2009, 2009年10月6日, 菅平高原. (ポスター)
  78. 本岡毅・奈佐原顕郎 (2009): 衛星リモートセンシングによる展葉・紅葉フェノロジー観測. JaLTER All Scientist Meeting 2009 セッション "生態系構造-機能関係の地上研究とリモートセンシング観測の結合の試み", 2009年10月6日, 菅平高原.
  79. Noda, H., H. Muraoka, K. N. Nasahara and N, Saigusa (2009) Phenology of leaf photosynthetic properties in a cool-temperate deciduous broadleaf forest in Takayama, Japan. AnsiaFlux Workshop 2009, Oct., Sapporo. (poster)
  80. Nasahara, K. N. (2009) "J-Inter-Community" for ecosystem study binding field work, model, and remote-sensing. AsiaFlux Workshop 2009, 2009/10/27, Sapporo.
  81. Motohka, T. and Nasahara, K. N. (2009): New method for detection of vegetation phenology with satellite remote sensing: "GRVI-method". AsiaFlux Workshop 2009, 2009/10/27, Sapporo. (poster)
  82. Mizunuma, T., Koyanagi, T., Nasahara, K.N., Mencuccini, M., and Grace, J. (2009) The optimal colour index for the photographic recording of leaf phenology. AsiaFlux Workshop 2009, 2009/10/27, Sapporo. (poster)
  83. S. Nagai, T.M. Saitoh, M. Ishihara, H. Muraoka, K.N. Nasahara (2009), Field test of the relationship between enhanced vegetation index and gross primary production in an evergreen coniferous forest, A3 Foresight Program Beijing Workshop 2009, 22 Nov. 2009, Beijing.
  84. Nasahara, K. N. (2009) J-Community (JAXA, JaLTER, JapanFlux, and JAMSTEC) for ecological research. The 15th CEReS International Symposium on Remote Sensing, Dec. 15, 2009, Chiba University.
  85. 瑞慶村知佳・奈佐原顕郎・本岡毅 (2009): 人工衛星を用いた水田における耕作放棄地のマッピング. 日本農業気象学会関東支部(2009 年度例会), 2009年12月05日 千葉大学園芸学部. [要旨]
  86. 奈佐原顕郎: Phenological Eyes Networkのデータで見る2003年〜2009年の陸域環境研究センター. 平成21年度陸域環境研究センター年次研究報告会, 平成22年3月8日(月), 総合研究棟A107.
  87. 奈佐原顕郎(筑波大/JAXA): 生態系RGの活動について. JAXA/EORC水循環ワークショップ, 2010年3月15日, 東京大学生産技術研究所.
  88. Hiroyuki Muraoka, Hibiki Noda, Taku M. Saitoh, Shin Nagai, Kenlo Nasahara and Nobuko Saigusa (2010): Seasonal and interannual changes in canopy ecophysiological processes of a cool-temperate deciduous broadleaf forest in Takayama: (2) Consequence of leaf-level property and canopy photosynthesis. A3 Foresight Workshop, Seoul, April 20.
  89. Shin NAGAI, Takeshi MOTOHKA, Hiroyuki MURAOKA, and Kenlo Nishida NASAHARA (2010): Long-term continuous phenology observation by coupling in situ measurement with satellite remote-sensing. A3 Foresight Workshop, Seoul, April 20.
  90. 奈佐原顕郎: 人工衛星による地球環境観測(主に気候と生態系を対象として). 筑波大学システム情報工学研究科宇宙開発工学学域交流会. 2010/11/12
  91. 奈佐原顕郎: 衛星リモートセンシングによる土地被覆推定と検証---みんなで作ろう土地被覆図---. JaLTER All Scientists Meeting, 2010/12/03 九州大学福岡演習林.
  92. 羽田野真由美・本岡毅・奈佐原顕郎: 衛星リモートセンシングと有効積算温度を用いた将来の展葉時期の予測. 中部山岳3大学連携事業研究集会 (2010年12月17日, 筑波大学).
  93. 村岡裕由・野田響・永井信・本岡毅・奈佐原顕郎・三枝信子: 冷温帯落葉広葉樹林の光合成生産力とその季節性に関する衛星生態学的研究. 中部山岳3大学連携事業研究集会 (2010年12月17日, 筑波大学).
  94. Shin Nagai (JAMSTEC), Takeshi Motohka (JAXA), Hideki Kobayashi (JAMSTEC), Rikie Suzuki (JAMSTEC), Hiroyuki Muraoka (Univ. of Gifu), Kenlo Nishida Nasahara (Univ. of Tsukuba) and Taku M Saitoh (Univ. of Gifu): Improvement of the spring and autumn phenology detection by using satellite remote sensing. ILTER, 2011/09, Sapporo
  95. H. Muraoka (Gifu Univ.), H. Noda (Univ. Tsukuba), S. Nagai (JAMSTEC), T.M. Saitoh (Gifu Univ.), T. Motooka (JAXA), K.N. Nasahara (Univ. Tsukuba), N. Saigusa (NIES): Ecophysiological, micrometeorological and spectral observations of canopy photosynthesis in a cool-temperate deciduous forest, Takayama site (Japan).
  96. Kenlo Nishida Nasahara: JAXA's Satellite Program and Commitment for Long-term Ecology. ILTER, 2011/09, Sapporo
  97. Kenlo Nishida Nasahara: Systematic collection of in-situ data for validation of remotely sensed information for regional carbon monitoring. The 5th GEOSS Asia-Pacific Symposium, April 3, 2012, Tokyo.
  98. Nagai, S., Saitoh, T.M., Maeda, T., Nasahara, K.N., Suzuki, R., and Muraoka, H. Availability of long-term daily digital camera images to detect characteristics of multiple species and ecosystems. the 55th Symposium of the International Association for Vegetation Science (IAVS2012) in Mokpo, Jeollanam-do Province, Korea, 23 - 28 July, 2012
  99. 奈佐原顕郎: 砂防学に必要・有用な衛星センサーとは. 第4回ALOS-3ワークショップ, 2012/12/13, つくば.
  100. Kenlo Nishida Nasahara: Phenological Eyes Network (PEN) and its related activities on satellite ecology. 国立環境研究所フェノロジーセミナー. 2013/10/21, つくば
  101. 奈佐原顕郎: 衛星砂防学の最近の話題. 2013/10/14 H25年度・穂高砂防観測所研究集会
  102. Kenlo Nishida Nasahara: Evolution of Phenological Eyes Network with Takayama. The 20th Anniversary of the Takayama Site: 2013/10/25, 高山市
  103. Nasahara, K.N. (2013) Evolution of Phenological Eyes Network with Takayama. Synthesis Workshop on the Carbon Budget and Forest Ecosystem in Asian Monitoring Network -- The 20th Anniversary of the Takayama Site -- 2013/10/25, 高山
  104. 斎藤琢, 永井信, 村山昌平,三枝信子,奈佐原顕郎,近藤裕昭,村岡裕由 (2013) 気候変動が群落フェノロジーを介して地表面アルベドに与える影響 --- 落葉広葉樹林における事例研究 --- 中部山岳地域環境変動研究機構 2013年度年次研究報告会, 2013/11/ 菅平.
  105. Yang, W. Kobayashi, H., Suzuki, R., Nasahara, K.N. (2014), Retrieval of understory NDVI in sparse needleleaf forests over Alaska by MODIS BRDF data, The 5th Symposium on Polar Science, Tokyo, Dec. 3, 2014 , (Oral)
  106. 辻本克斗,加藤知道,平野高司,斎藤琢,永井信,秋津朋子,奈佐原顕郎 (2015) 常緑針葉樹林におけるクロロフィル蛍光を利用した生態系CO2吸収量の解明. 森林生態系炭素収支および森林リモートセンシングに係わるモニタリング研究集会. 2015/02/20, つくば
  107. 小林秀樹、小野祐作, 楊偉, 村上浩,奈佐原顕郎, 梶原康司, 本多嘉明 (2015) 衛星データを用いたグローバル葉面積指数・光合成有効放射吸収率推定アルゴリズムの開発. 第23回生研フォーラム「宇宙からの地球環境・災害のモニタリングとリスク評価」. 2015/03/03-04.
  108. Temulun, Kenlo NASAHARA (2015) Land cover change detection from 1986 to 2014 using Landsat images in Wulagai, Inner Mongolia. 第23回生研フォーラム「宇宙からの地球環境・災害のモニタリングとリスク評価」. 2015/03/03-04.
  109. 水落裕樹・奈佐原顕郎 (2015) 地上測量、UAV、衛星リモートセンシングを組み合わせたナミビア季節湿地における貯水量推定. 第23回生研フォーラム「宇宙からの地球環境・災害のモニタリングとリスク評価」. 2015/03/03-04.
  110. 水落裕樹・奈佐原顕郎 (2015) UAVとSfM-MVSを用いたナミビア季節湿地の形状分析. CEReS環境リモートセンシング(共同利用研究会)2014UAVリモートセンシング研究会.
  111. 久米篤, 秋津朋子, 奈佐原顕郎. 空の色を測る. 第47回種生物学シンポジウム, 岐阜羽島, 2015年12月.
  112. Kobayashi H., Yang W., Ono Y., Ichii K., Nasahara K., Potential Application of Space-borne Vegetation LiDAR Products to Ecosystem Structures and Terrestrial Carbon Cycle Studies, International Workshop on Vegetation Lidar and Application from Space, January, 6th, 2016.
  113. Nakaji T., Akitsu T., Kobayashi H., Hayashi M., Saigusa N., Kajiwara K., Honda Y., Nasahara K., Nakamura M., Yoshida T., Shibata H., Hiura T.: Development of large-scale ecological monitoring sites for satellite validation in natural forests in Hokkaido, Japan. The 23rd CEReS International Symposium, Chiba, Japan, December, 2015.
  114. 秋津朋子,奈佐原顕郎,廣瀬保雄,居島修,久米篤. 高精度な長期連続PAR観測のための光量子センサ. 第7回森林バイオマスセミナー,千葉, 2016年2月.
  115. 秋津朋子. 富士北麓カラマツ林における衛星地上検証のためのJAXAスーパサイト500. 平成27年度陸域生態系モニタリング研究集会, つくば, 2016年3月.

他大学での集中講義

  • 2010/02/26 京都大学防災研究所流域災害研究センター (宇治川オープンラボラトリー) 非常勤講義: 「山岳環境の衛星リモートセンシング:凍結融解研究を例として」
  • 2009/07/02 京都大学防災研究所流域災害研究センター (宇治川オープンラボラトリー) 特別講義「リモートセンシングの原理(1)」 板書写真
  • 2008/12/16 奈良女子大 "Remote sensing of function and structure of forest ecosystem: An integrated field work in Takayama Super Site"
  • 2005/07/07-08 名古屋大学「衛星生態学」

一般講演など:

  • 西田顕郎(2002): 地球環境を救う?衛星リモートセンシング.古河第三高等学校出前講義, 古河, 9月17日.
  • 西田顕郎 (2004): オープンソースGISと教育. 「公開討論 e-learningによる教育を考える」日本写真測量学会平成16年度春季大会, 2004年6月18日, 東京
  • 西田顕郎 (2007): 宇宙から『巨人の目』で地球環境を監視する. 茨城県立日立第一高等学校ホームルームセミナー, 日立, 10月11日.
  • 奈佐原顕郎 (2009): Thank you GRASS! OSGeo.JP GRASSイベント2010「日本国内でのGRASS利用の現状と今後」, 東京, 1月28日.
  • 奈佐原顕郎 (2011): 宇宙から観る地球環境の変動. 第1回筑波宇宙フロンティアフォーラム, 2011/10/29, 筑波大学1H101講堂
  • 奈佐原顕郎 (2011): 人工衛星で地球環境を監視する. 下妻第一高等学校 出前講義, 下妻, 11月10日
  • 奈佐原顕郎 (2011): 人工衛星で地球環境を監視する. 東葛飾高等学校 模擬講義, 柏, 11月16日
  • 奈佐原顕郎 (2013): 宇宙から, 森を監視する. 2013/10/26 高山サイト20周年記念 一般公開講演会「わたしたちの山と森と地球環境」 高山市.
  • 奈佐原顕郎 (2013): 宇宙から人工衛星で地球環境を監視する. 土浦第二高等学校 出前講義, 土浦, 10月29日

客員・兼業:


学位論文審査

  • (副査) 2010年度, 博士
  • (副査) 本 岡 毅, 2008年度, リモートセンシングによる植物季節の観測手法に関する研究, 持続環境学専攻, 博士
  • (副査) 小 柳 智 和, 2008年度, 衛星リモートセンシングによる東アジアの植生変動推定, 環境科学研究科, 修士
  • (副査) Chen Yawen, 2008年度, 土砂災害に対する台湾初等教育における防災教育に関する研究, 生物資源科学専攻, 修士
  • (副査) Fan YANG, 2008年度, Long-term change of impervious surface area in lake Kasumigaura basin based on spectral mixture analysis, 生命共存科学専攻, 修士 (福島・松下研究室)
  • (副査) 吉 田  瞳, 2008年度, 湖水の固有光学特性に関する研究, 生命共存科学専攻, 修士 (福島・松下研究室)
  • (副査) 本 岡 毅, 2007年度, 環境科学研究科, 修士
  • (副査) 手 打 啓 一 郎, 2007年度, 環境科学研究科, 修士
  • (副査) 佐 藤 貴 康, 2007年度, 環境科学研究科, 修士
  • (副査) 孫 志 剛 (Zhigang SUN), 2007年度, Development of a simple model for estimating evapotranspiration using remote sensing (Sim-ReSET), 生命共存科学専攻, 博士 (福島・松下研究室)
  • (副査) 大 槻 ゆ う 菜, 2007年度, 航空機ハイパースペクトルを用いた荒廃人工林の抽出, 生命共存科学専攻, 修士 (福島・松下研究室)
  • (副査) 仲 摩 栄 一 郎, 2007年度 環境科学研究科, 修士 (増田研究室)
  • (副査) 三 上 寛 了, 2006年度, デジタル全天画像を用いた落葉広葉樹林のLAI推定, 生命共存科学専攻, 修士 (福島・松下研究室)
  • (副査) 岡 西 良 憲, 2006年度, リモートセンシング手法を用いた霞ヶ浦流域における土地利用/被覆, 不浸透面積率および水指標変化の解析, 環境科学研究科, 修士 (福島・松下研究室)
  • (副査) 池 田 崇 史, 2006年度, スカイラジオメーターを用いた衛星リモートセンシングの大気補正:植生指標について, 環境科学研究科, 修士
  • (副査) 高 安 健 太 郎, 2006年度, 流域面積, 起伏率および露頭斜面土砂の平均粒径と土砂堆積域の勾配との相関, 環境科学研究科, 修士
  • (副査) 中 村 和 央, 2006年度, 千曲川水系三沢川源流における階段状河床地形の形成・破壊と形状特性に関する研究, 環境科学研究科, 修士
  • (副査) 尾 山 洋 一, 2006年度, Mapping water quality from multi-spectral satellite images in turbid inland waters, 生命共存科学専攻, 博士 (福島・松下研究室)
  • (副査) 川 戸  渉, 2005年度, 分光データを用いた秋季における草地植生の水分量変化の検出, 環境科学研究科, 修士
  • (副査) 松 野  潤, 2005年度, 観測所における未公開長期観測資料の公開を目的としたデータベース化に関する研究, 生物圏資源科学専攻, 修士
  • (副査) マ ヘ ソ ル ・ ダ カ ー ル, 2005年度, Participatory Management of Lowland Forests for Improving Local Livelihood: A Case Study of Nawalparasi District, Nepal (増田研究室), 修士
  • (副査) 武 田 洋 紀, 2004年度, 地上観測による分光データを用いた陸上植生の炭素収支の推定, 環境科学研究科, 修士
  • (副査) 三 島 和 恵, 2004年度, 大規模森林火災域の抽出と危険度予測, 環境科学研究科, 修士
  • (副査) 那 須 野 俊, 2004年度, 砂防河川の景観解析手法に関する研究, 環境科学研究科, 修士
  • (副査) 金  真 朱, 2004年度, 韓国八堂(パルダン)湖における汚濁物質削減のための水利用負担金の運用に関する研究, 環境科学研究科 (氷鉋研究室), 修士
  • (副査) 豊 田 麻 衣, 2004年度, リモートセンシングと現地調査による人工林荒廃状況の評価, 環境科学研究科, 修士