LinuxでTeX (日本語環境)

2009/12/27 奈佐原(西田)顕郎 環境: Ubuntu 8.04

Note: 以下、プロンプトを$で表すので、以下の説明で、$は打ち込まなくてよい。
Note: #は管理者(ルート)のプロンプトを表す。これも打ち込まなくてよい。

基本的な使い方はTeX入門参照。


emath

数学の教科書やプリントを作るには、emathが便利!

Ubuntuへのemathのインストール:

  1. mkdir ~/tmp
  2. cd ~/tmp
  3. ここからemathf051107a.zipをダウンロードする。
  4. $ unzip emathf051107a.zip
  5. $ sudo mv sty.zip /usr/share/texmf/ptex/platex/misc/
  6. ↑ Ubuntu 14.04の場合は, sudo mv sty.zip /usr/share/texmf/tex/platex/misc/emath/
  7. $ cd /usr/share/texmf/ptex/platex/misc/
  8. ↑ Ubuntu 14.04の場合は, cd /usr/share/texmf/tex/platex/misc/emath/
  9. $ sudo unzip sty.zip
  10. $ sudo rm sty.zip
  11. $ sudo wget http://members.jcom.home.ne.jp/nob.asaoka/kpic/kpicfile/kpic.sty
  12. $ sudo wget http://members.jcom.home.ne.jp/nob.asaoka/kpic/kpicfile/eclarith.sty
  13. $ sudo wget http://members.jcom.home.ne.jp/nob.asaoka/kpic/kpicfile/eepic.sty
  14. $ sudo wget http://members.jcom.home.ne.jp/nob.asaoka/kpic/kpicfile/epic.sty
  15. $ sudo mktexlsr
ここまででインストールできたはず。次にテスト。
  1. $ cd ~/tmp
  2. $ unzip doc.zip
  3. $ cd emath
  4. $ platex sample.tex
うまくコンパイルできればOK。

emathの使い方などは, emathWiki, 特に, sample.pdfを見よう!


関数のグラフなどの図を描く:MetaPostを使うべし!

作者のマニュアル

手順:
0. 環境変数TEXが設定されてなかったらしておく: $ export TEX=platex
1. hogehoge.mpというファイルをテキストエディタで作る。
2. $ mpost hogehoge.mp
実行結果はTeX専用のPostScriptファイル。gvとかではちゃんと表示されないよ!
3. TeX文書hogehoge.texの中に、
\includegraphics{hogehoge.ps}
みたいに埋め込む。
ただし文書冒頭に
\usepackage[dvips]{graphicx}
を記述しておくこと。
4. ふつうにhogehoge.texをコンパイル: $ platex hogehoge.tex
5. ふつうにPDFとかに変換: $ dvipdfmx hogehoge.dvi
参考になるサイト:

アメリカ数学会のガイド
LaTeXコマンドシート一覧
TEX, LATEX入門
LaTeXしよう!
CNS Guide
滋賀大学 熊澤先生


FedoraCore5で日本語TeX

だいたいFedoraCore4と同じ感じ。

# yum --enablerepo=development install tetex*
ところで、
LaTeX Error: This file needs format `pLaTeX2e' Linux
などのエラーが出るときは、いったんplatex209コマンドを走らせてみる。

FedoraCore4で日本語TeX

インストール:

参考

# yum install tetex-latex tetex-xdvi

$ wget ftp://ftp.ascii.co.jp/pub/TeX/ascii-ptex/jvf/jis.tar.gz
$ wget ftp://ftp.ascii.co.jp/pub/TeX/ascii-ptex/jvf/morisawa.tar.gz
$ tar zxvf jis.tar.gz
$ tar zxvf morisawa.tar.gz
$ su
# mkdir /usr/share/texmf/fonts/tfm/ptex/
# cp jis/tfm/ptex/* /usr/share/texmf/fonts/tfm/ptex/
# cp morisawa/tfm/ptex/* /usr/share/texmf/fonts/tfm/ptex/
# cp morisawa/tfm/dvips/* /usr/share/texmf/fonts/tfm/ptex/
# mkdir /usr/share/texmf/fonts/vf/ptex/
# cp jis/vf/* /usr/share/texmf/fonts/vf/ptex/
# cp morisawa/vf/* /usr/share/texmf/fonts/vf/ptex/

# mkdir /usr/share/texmf/ptex/platex/jsclass
# cd /usr/share/texmf/ptex/platex/jsclass 
# wget http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/jsclasses/jsclasses-060212.zip
# unzip jsclasses-060212.zip
# rm jsclasses-060212.zip

# mktexlsr

$ platex hogehoge.tex (コンパイル)
$ pxdvi hogehoge.dvi  (ビューアー)
$ pdvips hogehoge.dvi (postscriptへ変換)