パソコン管理について

(パソコン初心者の学生さんに贈る)
西田顕郎 (協力:樋口篤志)
2000/2/10; 全面改定 2003/11/11; 改定 2008/11/08

注意: 私はもうWindowsを含むMicrosoft製品から足を洗いましたので、それらの現状についてはよくわかりません。

ファイル交換ソフトは使用禁止

本学では、原則、そういうこということになっています。どうしても使いたい場合は申請が必要です。

バックアップを頻繁にとること!!

 文章であれ,データであれ,あなたが作ったものは眈の誰のものでもなく,あなたの財産です.これまで作成しものが,ちょっとしたはずみで無くなってしまうほど愚かなことはありません.

 コンピュータは壊れるものです.そこを忘れないでください.昨日普通に動いたいたパソコンが今日になって突然壊れることもあります.コンピュータとはそんなものなのです.とくにハードディスクは、小さい箱の中でものすごいスピードで磁気円盤が回転する機械ですので、モーターの疲労によって必ずいつかは壊れます(新品が数ヶ月後に壊れることもある)。

 しかし,そんなときでも,バックアップさえ取っておけばあわてる必要が無いのです.最初は面倒かも知れませんが,最終的にはバックアップがあなたを助けます.バックアップを怠ることは、シートベルト無しで車を運転することと同じです。

 共用パソコンでは、不可抗力的なトラブルで多くの人のファイルが失われた場合でも、たまたまそのときにそのパソコンを操作していた人に責任があるような雰囲気が生まれてしまいます。最悪、それで研究室内の人間関係が損なわれることにもなりかねません。

 忘れないでください.コンピューターは機械である以上,壊れる時があるのです.その際に一番大事なものはアプリケーションの設定でも無く,あなた自身が作ったファイルなのです.そしてその管理の責任は、いつもパソコンの面倒を見てくれている先輩や教官にあるのでもなく、トラブルが起きたときにコンピュータをさわっていた人にあるのでもなく、あなた自身にあるのです。