流域管理研究室の学生さんに贈る

このくらいは知っててください --- IT編

農林工学系 奈佐原(西田)顕郎

趣旨: 流域保全学では、水・土砂の移動や森林の動態を物理モデルや地理データを用いて数値的に解析する ことが多い。そこで計算機処理の基礎的な技能(IT技術)が必要になる。無論、学生諸君は既に情報処理実習などで 一定の計算機教育を受け、レポート作成などでも計算機を既に使った経験があるだろう。しかし、研究・実務に おいては、「ワープロや表計算ソフト、プレゼンソフト、電子メールなどをある程度使える」というような ものだけではなく、数値データをいかに正確かつ効率的に扱うかというIT技術が必要になってくる。
 そのようなIT技術の代表的なものとして、

があげられる。これらは学類4年生になる前に習得しておいてほしいが、せめて、大学院に進学する前には必ず習得しておくこと。

    ハードウェア

  1. CPU
  2. ハードディスク (IDE, SATA, SCSI, RAID)
  3. インターフェース: シリアル、パラレル、LAN、USB、IEEE1394、PS/2、SCSI
  4. パソコンの組み立て
  5. Windows

  6. 研究室内のライセンスについて(Win, Office)
  7. OSのアップデート(Microsoftのウェブサイト)
  8. ウィルス対策
  9. ドライバ.ダウンロードやインストール
  10. ネットワークプリンタ.LAN.ワークグループ
  11. 圧縮・解凍: zip, lha
  12. UNIX

  13. いろいろなUNIX:Solaris, BSD, Linux, True64, ...
  14. Cygwin
  15. サーバーとは?
  16. なぜWindowsだけじゃダメなのか?
  17. ディレクトリ、パス、シェル
  18. ディレクトリ操作(ls, pwd, mkdir)
  19. ファイル操作(cp, rm, tar, gzip, find, which)
  20. パーミッション(chown, chmod)
  21. シェル(sh, tcsh, bash, シェル変数,シェルスクリプト)
  22. テキスト処理(テキストエディター,vi, mule, awk, grep)
  23. 入出力(リダイレクト,パイプ)
  24. SSHとFTP
  25. Xウィンドウシステム
  26. バッチ処理とプロセス管理
  27. X-Windowシステム
  28. アプリケーションソフトの取得とインストール

  29. シェアウェア、フリーソフトウェア、オープンソース
  30. GNUとGPL
  31. ソースとバイナリー
  32. make
  33. RPM
  34. デジタルデータの表現

  35. アスキーデータとバイナリーデータ
  36. ビット、バイト
  37. 2進法と16進法
  38. キロバイト、メガバイト、ギガバイト、テラバイト
  39. int, short, long, float, double, signed/unsigned
  40. エンディアン
  41. cat, less, od
  42. プログラミング言語

  43. ソースコード、コンパイル、バイナリ-コード、アセンブラ、マシン語、インタープリタ
  44. コンパイラ, cc, gcc, f77, g77, g++
  45. IDL
  46. Java .... アプリケーションの実行環境として
  47. スクリプト言語, シェルスクリプト,perl
  48. データの可視化

  49. 様々な画像ファイル形式:jpeg, gif, png, bmp, tiff, ppm
  50. PostScript, PDF
  51. gnuplot
  52. ピクセル
  53. 3原色と諧調
  54. ネットワーク

  55. IPアドレス(グローバル・プライベート)、MACアドレス
  56. ルーター, DNS, DHCP, NAT
  57. プロトコル,TCP/IP
  58. ポート
  59. 10BASE、100BASE、ギガビット
  60. Samba
  61. ファイル共有