IT編

流域管理研究室の学生さんに贈る

このくらいは知っててください --- IT編

農林工学系 奈佐原(西田)顕郎

趣旨: 流域保全学では、水・土砂の移動や森林の動態を物理モデルや地理データを用いて数値的に解析する ことが多い。そこで計算機処理の基礎的な技能(IT技術)が必要になる。無論、学生諸君は既に情報処理実習などで 一定の計算機教育を受け、レポート作成などでも計算機を既に使った経験があるだろう。しかし、研究・実務に おいては、「ワープロや表計算ソフト、プレゼンソフト、電子メールなどをある程度使える」というような ものだけではなく、数値データをいかに正確かつ効率的に扱うかというIT技術が必要になってくる。
 そのようなIT技術の代表的なものとして、

があげられる。これらは学類4年生になる前に習得しておいてほしいが、せめて、大学院に進学する前には必ず習得しておくこと。


ハードウェア

    1. CPU
    2. ハードディスク (IDE, SATA, SCSI, RAID)
    3. インターフェース: シリアル、パラレル、LAN、USB、IEEE1394、PS/2、SCSI
    4. パソコンの組み立て

Windows

 

 

UNIX

 

 

アプリケーションソフトの取得とインストール

 

 

デジタルデータの表現

 

 

プログラミング言語

 

 

データの可視化

 

 

ネットワーク